【新築購入の豆知識】住宅ローンにおける3つの金利について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

住宅ローンにおける3つの金利について

それぞれの特徴をご紹介いたします
7

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。新築一戸建ての購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?
マイホームを購入する方のほとんどが住宅ローンを利用します。

この住宅ローンには3タイプの金利があります。「固定金利型」「固定金利期間選択型」「変動金利型」の3つです。

それぞれの金利タイプにはどんなメリットやデメリットがあるのか、どのような人にどの金利タイプが合っているのか、様々な疑問を解決するために今回は住宅ローンにおける金利についてお話させて頂きたいと思います。

住宅の購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎「全期間固定型」

全期間固定型の金利タイプは、借入時に確定した金利が返済期間中変わらないというものです。
一般的には「固定期間選択型」や「変動金利型」と比較すると金利は高めです。

ですが、借入をした時に総返済額や月々の返済額が確定するのでもし将来的に金利が上昇してしまったとしても影響を受けることはありません。

その為返済額が一定に保たれます。

生活をしていく上で急な支出もあるかと思いますが、金利の変動によって返済額が変わる事の心配は無くなります。

◎「固定期間選択型」

固定期間選択型とは2年、3年、10年など期間を決めて金利を固定する期間を選択出来るというタイプのものです。
固定期間中金利が固定されるので、返済額は安定します。

その為返済計画も立てやすくなります。全期間固定金利型と比較すると金利の負担は軽くなります。

金利は一般的に固定する期間が長くなればなるほど高くなります。
固定期間の終了後には、このまま固定金利を継続するか、変動金利型に移行するかの選択を行うことが出来ます。

固定期間終了後に金利が下がっていれば、その金利での借入が可能となります。

◎「変動金利型」

変動金利型は借入期間中に金利の見直しが年2回実施されます。

そしてほとんどの金融機関では5年に1度返済額の見直しが行われます。

固定金利型や固定期間選択型と比べると最も金利が低く設定されている事が多いです。

変動金利型で借入をしている最中は固定期間選択型に移行する事が可能な場合もあります。

返済期間が短い人や資金に余裕がある人、繰り上げ返済を考えている人などにはオススメな金利タイプです。

まとめ

今回は住宅ローンにおける3つの金利、「固定金利型」「固定期間選択型」「変動金利型」についてそれぞれの特徴をご紹介させて頂きました。

この3つの中でも「変動金利型」を選択する方が年々増加してきているようです。

ご自身の返済計画にあった金利タイプを選択しましょう。

栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。