【新築購入の豆知識】住宅ローンにおける ペアローン親子ローンのメリットデメリットについて | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

住宅ローンにおける ペアローン親子ローンのメリットデメリットについて

新築一戸建ての購入を検討されている方へ
5

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

新築一戸建ての購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?

マイホームを購入する際には多くの方が住宅ローンを利用します。

この住宅ローンにはいくつか種類がある事をご存知でしょうか。

住宅ローンは世帯の中で収入が1番多い人の名義で組む事がほとんどですが、夫婦共働きの場合には「ペアローン」という夫婦で組むことが出来る住宅ローンも存在します。

また、親子で住宅ローンを組む「親子ローン」というものもあります。

今回はこの2つそれぞれのメリットやデメリットについてお話させて頂きたいと思います。

住宅の購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎ペアローンのメリット、デメリット

【メリット】
夫婦共働きである世帯はペアローンを組むことが可能です。

ペアローンを組むことによって世帯としての収入が上がるので、住宅ローンで借入が出来る金額を増やす事が出来るという点が大きなメリットとしてあげられます。

夫婦ご一緒に1つの住宅ローンを組むパターンと、夫婦別々に住宅ローンを2つ組むパターンがあります。

どちらにしても夫、妻それぞれが住宅ローン控除の対象となります。

 

【デメリット】
ペアローンのデメリットとしては、夫婦別々に住宅ローンを2つ組む場合には登記費用などの諸費用が倍になってしまうという点があけられます。

また、仮に離婚してしまう事になった場合財産分与の手続きが少し面倒になってしまうという事もあげられます。

住宅ローンの名義を、夫婦で共有名義にしている場合は持分比率などによって話し合いが難航してしまう事も考えられます。

また、離婚後に夫婦のどちらかが住宅を引き継ぐ場合には税負担やローンの返済の負担が大きくなってしまいます。

◎親子ローンのメリット、デメリット

【メリット】
親子ローンには、「親子ペアローン」と「親子リレーローン」の2つの種類があります。

親子ペアローンは、親と子それぞれ住宅ローン契約を結び返済もそれぞれ別々に行います。

親子リレーローンの場合は1つのローン契約であり、初めは親が住宅ローンの返済をし途中から子に住宅ローンを引き継ぐという形のものです。

ペアローンとリレーローンどちらも住宅ローンの借入額を増やすことが出来るという点が大きなメリットとしてあげられます。

また、契約ごとに住宅ローン控除の対象にもなります。

 

【デメリット】
親子ローンのデメリットとしては、もし親が亡くなってしまった場合にも保険金で相殺を行うことが出来るのは親の分だけなので、子は引き続き住宅ローンの返済を行なう必要があります。

返済の途中で親と子どちらかが働けなくなってしまった場合や親が定年退職をし収入がゼロになってしまった場合に、住宅ローン控除で差し引きが行なわれなくなるという点にも注意が必要です。

まとめ

今回は住宅ローンにおける、ペアローン親子ローンのメリットデメリットについてお話させて頂きました。

住宅ローンにも様々な選択肢がありますが、善し悪しは人それぞれです。

どのプランがご自身に一番合っている形なのかライフプランやマネープランをよく考慮し、検討しましょう。

栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。