【新築購入の豆知識】不動産会社の3つの取引形態それぞれの概要について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産会社の3つの取引形態それぞれの概要について

お得に、安心に住宅を購入するために…
15

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
新築一戸建ての購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?

新築の建売の広告を見かけた事がある方多いと思いますが、その広告をよく見てみると「不動産会社の取引形態」が記載されているのですがご存知でしたか?

不動産会社の取引形態は大きく3つに分かれています。

そこで今回は3つの取引形態それぞれの概要についてお話させて頂きたいと思います。

新築一戸建ての購入を検討されている方は、お得に、安心に住宅を購入できるよう、ぜひ参考にしてみて下さい。

◎建売住宅 不動産会社の3つの取引形態

不動産販売をする上での不動産会社の立ち位置はそれぞれの取引態様によって異なってきます。不動産会社の立場は取引形態によって示されています。

 

【不動産会社の3つの取引形態】
・売主
・仲介(媒介)
・代理
では、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

 

「売主」
不動産会社が、所有または自社で建築した建売住宅を、自ら販売することを意味しています。売主自身が営業活動を行う必要がある為、一定の規模がある不動産会社に多い取引態様といえます。

また、直接消費者へ売却する為、売主は不動産会社に仲介手数料を支払う必要が無くなります。

 

「仲介」(媒介)
この取引形態は多くの建売住宅で見られます。

不動産会社は売主(建売住宅を売却したい人)と買主(建売住宅を購入する人)の間に立ち仲介として取引を行ないます。

この仲介の立場である不動産会社はあくまで仲介役となるので、取引自体は売主と買主で行う必要があります。

仲介の形態としては、売主と買主それぞれに不動産会社が付くような場合と、不動産会社1社が売主と買主を仲介する場合に分かれています。その為不動産会社は、仲介手数料を売主と買主から受け取ります。

 

「代理」
不動産会社が売主から委託を受け、建売住宅の販売を行うことを意味しています。

代理のポイントとしては、売主自身と委託を受けた不動産会社が同等の権限を持つということです。

ですが、売主と不動産会社が常に同等の権限を持っているという訳ではありません。

この取引形態は分譲マンションに多いです。

まとめ

今回は不動産会社の3つの取引形態それぞれの概要についてお話させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

不動産会社の取引形態について初めて知ったという方も多くいらっしゃるかと思います。

住宅を購入、販売する上では知っておくべき知識なので住宅の購入や販売を検討されている方はぜひ参考にしてみて下さい。

栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。