【新築購入の豆知識】新築戸建における固定資産税について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

新築戸建における固定資産税について

支払うタイミング
11

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
新築戸建の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?

新築戸建を購入すると、様々な税金がかかってきますがその中でも「固定資産税」という言葉を耳にしたことはありませんか?

固定資産税とは、いつ頃、どのくらいの金額で課税されるのかをご存知でしょうか。

そこで今回は、新築戸建における固定資産税についてお話させて頂きたいと思います。
新築戸建の購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎「固定資産税」とは?

そもそも固定資産税とは一体何なのか。

まず、固定資産とは土地、家屋、償却資産の事です。

そして、固定資産税とは、固定資産の所有者として固定資産課税台帳に登録されている人に対して、市町村が課税する地方税の事を言います。

新築戸建は固定資産になるので税金が課せられるということになります。

固定資産税の税額は3年毎に評価替えを行う「固定資産税評価額」に一定の税率をかけることによって求められます。

◎固定資産税の納税のタイミング

固定資産税は、毎年1月1日時点で固定資産税台帳に固定資産の所有者として登録されている人に課税されます。

なので、1月2日以降に新築戸建を購入した場合その翌年から固定資産税を収めることになります。

ですが、新築戸建購入したその年の分の固定資産税は日割り計算を行います。

具体的な金額や内容は住宅メーカーによって異なるため確認を行いましょう。

新築戸建の契約日以降の固定資産税は、ほとんどの場合で負担しなければいけないようです。

新築戸建を購入した翌年以降の固定資産税は、4月から6月頃に納付書が届くのでその納付書を使って支払いを行います。

市町村によって納期は異なりますが4月、7月、11月、2月の年4回に分けてか、1年分をまとめて支払います。

まとめ

今回は新築戸建における固定資産税を支払うタイミングについてお話させて頂きました。

固定資産税も、タイミングと金額をしっかり把握し資金計画を立てておきましょう。

住宅ローンを組む際には、固定資産税の支払いの事も視野に入れておく事をオススメします。

次回の記事では固定資産税の金額についてお話させて頂きます。ぜひ参考にしてみてください。

栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。