【新築購入の豆知識】2階リビングを検討されている方へ | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

2階リビングを検討されている方へ

デメリットについて
6

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
前回の記事では2階リビングのメリットについてお話させて頂きましたが、今回は2階リビングのデメリットについてお話させて頂きたいと思います。

様々な魅力のある2階リビングですが、注意しなければならない点もいくつかあります。
2階リビングを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎2階リビングのデメリット

①「階段の昇り降りが大変」

 

リビングを二階に設置する場合、多くの方がキッチンやダイニングも二階に設置します。

その場合、食材の買い出しなどをした後荷物を2階まで運ばなければなりません。

重い荷物をもって階段を上がるのは、高齢になってからは身体へ負担が掛かってしまうかもしれません。

②「子供の帰宅に気づきにくい」

2階リビングの場合、個室が1階にあるので玄関からリビングを通ることなく自分の部屋へ行くことが出来ます。

その為、お子様が帰宅した際や、出かけた際に気づきにくいといったデメリットが挙げられるようです。

③「来客時に面倒な点も」

郵便配達や来客時、2階のリビングから階段を降りて玄関まで行って対応する必要があります。

それを億劫に感じる方もいらっしゃるようです。

④「夏場が暑い」

暖かい空気は上に溜まりやすいので夏場2階はどうしても暑くなりがちです。

また、2階は日当たりもいいので日除け対策や暑さ対策が必要になってきます。

⑤「1階の防犯面に注意が必要」

生活する上で過ごす時間が長くなるリビングが二階にあることによって、1階の戸締りを忘れてしまった場合に気づきにく
い事もあります。

◎将来的な生活も視野に

2階リビングでまず第一に考えて頂きたいのが、将来の生活に問題が無いかということです。

階段の昇り降りに対するデメリットは、若いうちはなかなか感じにくいかもしれません。

ですが、高齢になってからの階段の昇り降りを意識し、緩やかな勾配の階段にしたり、U型の階段にして転落や踏み外しのリスクを下げたりなどの工夫も考慮しておく事が大切です。

まとめ

今回は2階リビングのデメリット、注意すべき点についてお話させて頂きました。

様々な魅力のある2階リビングですが同時にいくつかのデメリットも存在します。

ですがこのデメリットも工夫しだいでは解消することが可能です。

将来を考えたお家選びを実現する為にも、マイホーム探しをする際には先のこともイメージしてみましょう。

栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。