【新築購入の豆知識】子育てにはどんな間取りが効果的? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

子育てにはどんな間取りが効果的?

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
新築戸建をお考えの方の中で、「子育てにはどんな間取りが効果的だろうか」という疑問をお持ちの方も多くいらっしゃ
います。そこで今回は、お子様がいるご家庭にはどんな間取りが生活しやすいか、について解説させて頂きます。

◎子育てに向けた間取り選びのポイント

5

子育てをされている方の中には、部屋の間取りが上手く活用出来ないとお悩みの方が多いようです。お子様を育てていく
上で、成長に合わせたライフスタイルに臨機応変に部屋の使い方を変えていく事が理想ですよね。子育てがしやすい間取
りにはポイントがあります。そのポイントを2つに分けて説明していきます。

ポイント1 「リビングを見渡せるようなキッチン」

小さいお子様がいる場合はなかなか目を離せません。保育園や小学校から帰ってきた子供達は、リビングで過ごす事が
ほとんどだと思います。料理をしている間、お子様に目が届かないと不安ですよね。こういった事から、キッチンからお
子様とコミュニケーションが取りやすい間取りであれば生活しやすくなると思います。また、乳児がいる場合もミルクを
作る際キッチンとリビングは繋がっていた方が便利です。

ポイント2「リビングの横に和室をつける」
リビングの横に和室があると、様々な面で活用出来ます。和室は客間としてだけでなく、お子様のキッズスペースとして
利用することが可能です。また、リビングと和室の間の仕切りを開ければ開放的なお部屋にもなります。さらに、乳幼児
がいる場合はリビングに近い和室を赤ちゃんの寝室代わりにすることによって夜中のミルク作りも楽になりますし、夜泣
き対策にもなります。和室には様々な活用方法がありますね。

◎乳幼児への配慮もとても大切

乳幼児の子育てをしている方には、お部屋の至る所に配慮が必要になってきます。ここではその例として3つご紹介していきます。

1つ目は、キッチンの入口や階段にはベビーゲート、ストーブ周辺にはストーブガードの設置です。熱源に手を触れさせな
いようにする為や落下防止の為に必要になります。

2つ目は、コンセントカバーです。コンセントに触れて感電してしまう事を防ぐため必要です。

3つ目は、家具の角にはコーナークッションを付ける事です。ローテーブルやテレビ台などの角にぶつかって怪我をして
しまうことを防ぐためです。家具の角の数に応じてしっかりと準備しておきましょう。

まとめ

今回はお子様がいるご家庭に向けての間取りを選ぶ際のポイントや、小さいお子様に向けて必要なお部屋の配慮について
ご説明させて頂きました。お子様の事を考えると、理想とする間取りも変わってくるかと思います。新築戸建を購入する
際には、成長に合わせたライフスタイルを想像しながら間取りを選びましょう。栄進では古河市でも原町、三杉町、諸
川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいて
おります。 お気軽にお問い合わせください。