【新築購入の豆知識】建売住宅の耐震性について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

建売住宅の耐震性について

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マイホームを検討されている方の中で、建売住宅こ購入を考えている方、いらっしゃいませんか?住宅を購入するにあたって、「耐震性」はとても重要なポイントとなってきますよね。

そこで今回は、建売住宅の耐震性についてご説明させて頂きます。ぜひお家選びの際に参考にしてみてください。

◎建売住宅と注文住宅 寿命の違い

column14

建売住宅と注文住宅に、建物の寿命に違いは存在するのでしょうか。

結論から先に申し上げますと、品質管理の点に変化は無いので寿命の違いは存在しません。

建売住宅も注文住宅も品質は法律によって保たれているので、耐震性など特に問題はありません。

ですが、構造の部分は外観だけではわかりません。その点が不安な方もいらっしゃると思います。

このような、目で見ることの出来ない部分に実害が起こることが無いように、「住宅品確法」という法律が設けられています。この住宅品確法では、住宅の保証が10年間されているので安心して住宅を購入する事が出来ます。

◎建売住宅の寿命を決めるポイント

ここまでは、建売住宅と注文住宅の寿命に違いがあるのか、についてご説明させて頂きました。

建売住宅の品質は法律で定められているかや安心、ということをご理解して頂けましたでしょうか。

ここからは、建売住宅の寿命に関わってくるポイントについて解説していきます。

1つめ「入居後のメンテナンス」家は時間が経つにつれて劣化していきます。

その為定期的なメンテナンスは必ず行いましょう。

ここでポイントとなってくるのが、外壁や屋根の塗装を塗り替える時期です。

常に雨や風、紫外線から家を守ってくれている屋根は約10年ごとにメンテナンスを行うことで水漏れを防ぐ事が可能となります。

2つめ「建築材料の品質には気を使う」
建物の建築をする際にしっかりとした品質の材料を使うことで、建物自体の耐久性もぐんと高くなります。
ですが、建売住宅の場合はすでに材料が決められているので材料選びの過程を確認することが出来ません。なのでここは売主によく確認しておくと安心です。

3つめ「頑丈な地盤の場所を選ぶ」
住宅は土地の上に建てられています。なので、建物がいくら頑丈であっても地盤が不安定だと住宅の耐久性はかなり低くなってしまいます。

さらに、購入後に地盤の問題が出てくるとそこにまたコストがかかってきてしまいます。

建売住宅の場合は、「地盤調査報告書」というものがあるのでこれを事前に確認しておく事をオススメします。

まとめ

今回は注文住宅と建売住宅の寿命の違い、建売住宅の寿命に関わってくるポイントについてご説明させて頂きました。
安心安全な良い暮らしが出来るよう、住宅購入の際には今回ご説明させて頂いたポイントをよく確認しておきましょう。
古河市で建売住宅の購入を検討されている方はお気軽に当社までお問い合わせ下さい。
最後までお読み頂きありがとうございました。

【栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。お気軽にお問い合わせください。】