【新築購入の豆知識】 建売住宅と注文住宅のメリットやデメリットについて | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

建売住宅と注文住宅のメリットやデメリットについて

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
新しく戸建ての購入を検討する際、まずはじめに「建売住宅」か「注文住宅」かという大きな選択肢が出てくるかと思います。

そこでまず知っておいて頂きたいのが、この2つそれぞれの特徴や違い。

ご自身に合っているのはどちらなのか、この記事で少しでも参考にして頂けると幸いです。

それでは「建売住宅と注文住宅のメリット、デメリット」についてお話していきます。

◎建売住宅のメリット、デメリット

column08

建売住宅の大きなメリットとしては、住宅購入の流れが比較的シンプルなので手続きがスムーズであることが挙げられます。

建売住宅は決められた土地に完成済みの建物がセットで販売されているので、土地も建物も同時に購入する事が可能です。

同じく、中古住宅やマンションもこのような販売方法なので注文住宅と比べると手続きはシンプルです。
また、外装や内装もすでに決められているので何度も打ち合わせをする必要も、選択に時間がかかることもありません。
その為、すぐの入居が可能となるので忙しい方や早めに入居したいという方にとっては購入しやすい住宅だと思います。
建売住宅のデメリットは、間取りや内装に自由が効かないという点が挙げられます。

建売住宅は、決められた区間に同じような間取りの住宅が建てられるのでデザイン性や個性を求める方には、少しもの足りなく感じるかもしれません。

◎注文住宅のメリット、デメリット

注文住宅の大きなメリットはなんといっても自由性です。

外観や間取り、設備やデザインまで全て自分の要望を取り入れることが可能です。

ご自身で色々選択して家づくりをしていくので、満足感が得られやすい住宅です。
注文住宅のデメリットとしては、ご自身の要望を取り入れやすい反面、予算オーバーもしやすいということが挙げられます。

全ての要望を取り入れてしまうと、予算より費用がかかり過ぎてしまう事があるので費用をかけるべき部分とかけない部分をハッキリと仕分けしましょう。

◎建売住宅と注文住宅、購入時の違い

建売住宅は物件探しから始まります。

物件探しをする際には不動産仲介会社に、どんな家をさがしているのか、どの辺でさがしているのか、希望の条件やご予算などをしっかりと伝え、気になる物件が見つかったらさっそく見学に行ってみましょう。

直接見ることで、入居後のイメージも湧きやすくなります。購入する物件が決定したら購入の申し込みをし、契約という流れになります。

その後、建物の状態に問題が無ければ無事引渡しになります。
注文住宅の場合は、住宅会社との打ち合わせから始まります。

住宅の間取りや設備などを話し合いながら決めていきます。

土地探しから始まり、打ち合わせをし、住宅を建てていくので建売住宅と比べると入居出来るまでに時間が掛かります。

その為、注文住宅を購入される方はスケジュールをしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

今回は、建売住宅と注文住宅それぞれのメリットやデメリット、購入の流れを簡単にご説明させて頂きました。

それぞれの特徴があり、人それぞれ向き不向きがあります。ご自身のライフスタイルや条件に合っているのはどちらなのか、知っておくためにも、気になることや不安なことがあればいつでもお問い合わせください。

皆さんが満足感のあるおうち選びができるよう全力でサポートさせて頂きます。ご連絡お待ちしております。

最後までお読み頂きありがとうございました。

【栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。お気軽にお問い合わせください。】