【マンションの豆知識】キッチンの基本スタイルや選び方のポイント | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

キッチンの基本スタイルや選び方のポイント

どのようなキッチンを選べば良い?
4

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
今回はマンション売却する為、購入者様向けのブログにしたいと思います。

毎日キッチンを使う方は、使いやすくてお料理するのが楽しいと感じられるようなキッチンが理想的かと思います。
マンションであってもキッチンのレイアウトは多様で、どのようなキッチンを選べば良いのか悩んでしまいがちです。
どのキッチンのタイプにもそれぞれ良さがあるので、キッチンの基本スタイルや選び方のポイントなどお話していこうかと思います。

◎キッチンの種類

キッチンには、オープンタイプ、セミオープンタイプ、独立したキッチンに分けられています。
それぞれタイプが異なるので、ご自身の生活スタイルに合わせてキッチンを選ぶとお料理する際にとても便利に使いこなせるはずです。
自分はどのタイプのキッチンがしっくりくるのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

①オープンタイプ

キッチンとリビング/ダイニングの間に仕切りが無いので、ひとつの空間となっているため開放感と一体感が得ることができます。
料理をしながらあるいは片付けながら家族の様子が見えるのでとても安心して家事を行えるという意見があります。
他にも、リビングとダイニングも一体化しているのでインテリアにも力を入れている方は、キッチンをおしゃれにレイアウトしたり、食器などわざと見せるような収納方法で部屋全体のコーディネートを楽しんでいる方もいます。
しかし、部屋のコーディネートが得意でない人やあまり食器や調味料が置かれた調理スペースを来てくれた人に見せたくない方にはオープンタイプのキッチンはすこし使いづらいかもしれません。
壁の仕切りが無いので、ニオイがきついお料理をした場合は部屋中に充満してしまい、ソファやカーテンのニオイが気になってしまう点がデメリットと言ってもよいでしょう。

②セミオープン

オープンタイプではあるが、コンロの周りなどに壁がありキッチンの一部が仕切られているタイプのキッチンです。
オープンタイプと同様に、リビングとダイビングとの一体感もありつつ手元が見えなかったり、壁がある分収納戸を付けたりと便利に活用することができます。
特に気になるのが、炒め物や揚げ物をする際に油がはねてしまう事ですが、壁があることでお部屋を汚さずに済みます。
出入口が1つしかないため、入りにくく片づけの際に混雑してしまいがちですが、火を使っている時に急に子供が入ってきたとしても安全を確保できる面では安心できます。
しかし、このセミオープンタイプのキッチンもリビングとダイニングへニオイが充満してしまいがちです。

③独立型

独立型のキッチンでは、リビングとダイニングからは独立しているのが特徴でクローズタイプとも呼ばれています。
やはり、最近の流行りではオープンタイプあるいはセミオープンタイプのキッチンを取り入れるマンションが増えていますが、独立型も需要があります。
料理や片づけは集中して行いたい方や、部屋のニオイや油汚れを心配する方は独立型のキッチンを選ぶ傾向にあります。
マンションでは収納スペースが限られてしまうため、調味料などを目に付く場所に置きがちです。
お客さんが来た時にあまり見られたくない、あるいは料理している所を見られたくない方にもお勧めです。
デメリットとしては、目の前は壁しかないので開放感は感じられないのと、冷暖房を頼ることができに点です。

まとめ

本日は、マンションでよく見るキッチンのタイプについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
皆さまもなんとなくキッチンのタイプを想像することができるかもしれませんが、使ってみなければわからない点があるかと思います。
料理をする際に開放感を重視される方は、オープンあるいはセミオープンタイプのキッチンをお勧めしますし、部屋を綺麗に保ちたい方は独立型のキッチンをお勧めします。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。