【マンションの豆知識】マンションを売却する際にかかる様々な税金について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションを売却する際にかかる様々な税金について

それぞれ詳しくお話させて頂きます
8

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マンションの売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?

マンションを売却する際には諸費用の他にも様々な税金がかかってきます。

所得税や住民税、市県民税や都市計画税、登録免許税など支払わなければいけない税金は色々あります。

そこで今回はこれらの税金についそれぞれ詳しくお話させて頂きたいと思います。

マンションの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎所得税、住民税

マンションを売却して出た利益「売却益」は譲渡所得として所得税や住民税の課税対象となります。

所得税や住民税は売却をしたマンションをどれくらいの期間所有していたかによって税率が変わります。

 

マンションを譲渡した年の1月1日時点での所有期間が5年以下である場合は「短期譲渡所得」扱いになります。

また、住民税、所得税、復興特別所得税を合計した税率は39.63%です。

 

・短期譲渡所得
所得税 30.63%
住民税9%
計36.63%

 

同じく、1月1日の時点でマンションの所有期間が5年を超えてしまうと「長期譲渡所得」扱いとなり税率は20.315%となります。

 

・所得税 15.315%
・住民税 5%
計 20.315%

◎特別控除の例外

マイホーム(居住用不動産)を売却した際にある要件を満たすと「居住用財産を譲渡した場合の3000万円特別控除」といった特例を受けることが出来ます。

ほとんどの方がこの要件を満たしている為、実際に譲渡所得税を支払うというようなケースは稀です。

ですが、この特例は住宅ローンとの併用が出来ません。

なので、マンションの譲渡所得の金額が少額であれば利用しない事をオススメします。

まとめ

今回はマンション売却における所得税や住民税、特別控除の例外についてお話させて頂きました。

マンションを売却する際には様々な軽減措置や特例があるので、これらを利用して節税することが可能です。

支払う税金を少しでも軽減出来るよう、分からないことは不動産会社に聞いておきましょう。

栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。