【マンションの豆知識】マンションの買取におけるメリットとデメリットについて | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションの買取におけるメリットとデメリットについて

売買方法の比較
6

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マンションを仲介で売却すればいいのか、買取で売却すればいいのか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。
メリットとデメリットを十分に把握したうえで、どちらを選択すればよいか決めることが大切になってきます。

◎メリット①スケジュールの立てやすさ

仲介での売買は、不動産会社を間に挟み、売主と買主がお互いに不動産について売買をしていくので、その取引に携わる人全員のスケジュールを合わせなくてはいけません。
しかし、買取の場合は一般の買主ではなく不動産の仕事に携わる人が買主になるので契約もスピーディーに進み、自分の予定を調節しながら取引を進めることが可能です。

◎メリット②バレずらい

近所の方に家を売却しているのを知られたくないという方もいらっしゃるかと思います。
仲介で売りに出すという事は広告を出すという事なのでどうしても、どのくらいの値段で売りにだしたのかといった事も知られてしまいます。
買取の場合は、不動産会社と直接交渉をしてその場での取引となるため広告も出す必要はありませんので周囲に知られる可能性は低くなります。

◎メリット③費用が安い

仲介と買取ではかかる費用に違いが出てきます。
売買にでは契約書等の制作にあたり”印紙代”が必要であったり、買主へ所有権を渡すための登記費用、譲渡所得、仲介手数料といった費用が掛かります。
買取の場合は、”仲介手数料”と”ハウスクリーニング代”で節約することが可能です。
仲介手数料とは、不動産会社に他者を見つけてもらいその相手と売買のやり取りをするので、そのお礼として支払います。
買取の場合は、何も仲介しないので仲介手数料が発生しません。
ハウスクリーニングは、一般のお客様を相手にするために印象が清潔になるように行うかと思います。
ですが、不動産会社が買い取る場合は、買い取った後にリフォームやリノベーションを行うので事前に綺麗にしておく必要はそこまでありません。

◎メリット④内見の準備は不要

内見とは、売りに出す不動産に興味を持った買主が見学をしに来ることですが、売主は内見当日までにいかに部屋に好印象を持ってもらえるか準備をしなくてはいけません。
内見をしてくれた人が必ず購入をしてくれるわけではなく、何人も内見に来ると体力的にも大変です。
ストレスなく家を売ることが可能なのが買取かもしれません。

◎デメリット①若干安くなってしまう

仲介と買取では査定価格が異なるので、買取での価格が安価になってしまいます。
仲介では不動産会社がこの価格で販売できるだろうと”見込んだ金額”であり、買取では不動産会社が”購入できる金額”となります。

◎デメリット②状態が良ければ高いわけではない

部屋の見た目が綺麗なので、高額で買い取ってもらえるだろうと思っても、実際はそうでない場合があります。
買取った物件に不動産会社側がリノベーション等を行い付加価値を付けるのですが、状態がよくても付加価値が付けずらい物件の場合査定額が低くなってしまいます。

◎デメリット③購入者が分からない

買取をしてもらってから、別の人の手にマンションが渡りその人が住み始めるのですが、売主は最終的に誰が住むことになるのか把握することが難しくなります。
次に住む人がどんな人なのか気になりますし、分からないと少し不安にもなります。

まとめ

本日は、前回に引き続きマンションの買取におけるメリットとデメリットについて簡単にお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
仲介でも買取でもそれぞれメリットとデメリットが存在します。
自分はどのくらいの期間で売却したいのか、売買における期間を重視するか金額を重視するかで選択は違ってきます。
売買方法について比較をしていきながら売却をしていきましょう。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。