【マンションの豆知識】マンションの売買契約をする際と売買契約後の注意点について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションの売買契約をする際と売買契約後の注意点について

この注意点を事前によ く把握しておきましょう
1マンション売却済

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マンションの売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?

マンションを売却する際には、「売買契約」というものを結びますがこの契約にはいくつかの注意点が存在します。

今回はその中でも、マンションの売買契約をする際と売買契約後の注意点についてお話させて頂きたいと思います。

マンションの売却を検討されている方は、この注意点を事前によく把握しておきましょう。

◎マンションの売買契約をする際の注意点

売買契約書には取引内容や売主様、買主様の権利や義務などが記載されています。

不動産売買契約を締結すると、その後は契約書の記載内容に基づいて、権利や義務を履行することになります。

売買契約を締結する際には、売買契約契約書に記載されている内容をしっかりと確認し理解しておくことが大切です。

もしここで、疑問な点や不安なことがあった場合は必ず不動産会社に聞いておきましょう。

◎マンションの売買契約後の注意点

・「買主のローン審査が否決だった場合」


マンションの購入希望者が現れ、手続きへと進んだものの買主が住宅ローンを利用される場合に万が一審査が通らないという場合もあります。

住宅ローンが、金融機関によって否決されてしまった場合は特約に基づき契約は「白紙解約」となります。
白紙解約とは、文字の通り「白紙に戻す」ということで、契約自体をそもそも無かったものとします。

つまり、売買契約前の状態に戻るということになります。このような場合、不動産会社に支払った仲介手数料は戻ってきますが、買主様から受け取った「手付金」は返金することになります。

住宅ローン審査が通るまでは、この手付金には注意が必要です。

◎「瑕疵担保責任」

無事契約後、マンション引渡し後に雨漏りなどの隠れた瑕疵が見つかってしまった場合などにその責任を売主が負うことを「瑕疵担保責任」といいます。

そうならない為にも、売却前に建物に瑕疵が無いかの確認はしっかりと行うことでトラブル回避にもなります。

まとめ

今回はマンションの売買契約をする際と売買契約後の注意についてお話させて頂きました。

後悔やトラブルを避けるためにも事前に契約書の内容をしっかりと理解することや、建物の確認を行うことは大切なポイントになってきます。

まずは、分からないことや不安なことがあれば必ず不動産会社に聞くことをオススメします。

栄進では、マンションの売却、購入もサポートさせて頂いております。

気になる物件や、何かご質問などあればいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。最後までお読み頂きありがとうございました。