【マンションの豆知識】マンションの売却を行う際の「媒介契約」について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションの売却を行う際の「媒介契約」について

マンション売却を成功させる為に・・・
13


こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マンションの売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?

不動産売買を行う際には専門的な知識が必要となってきます。

また販売に関しても、ご自身で買い手を見つけることはなかなか困難です。

その為不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

マンションの売却を行う際には、不動産会社と売却の仲介を依頼する「媒介契約」というものを行います。

マンション売却を成功させる為にはこの媒介契約書の内容や種類を十分に把握しておく事も大切なポイントです。

そこで今回はこの「媒介契約」についてお話させて頂きたいと思います。マンションの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎媒介契約の種類

媒介契約書には3つの種類があります。

ここからはそれぞれの種類の違いや特徴についてご説明させて頂きます。

それぞれよく理解して媒介契約を行いましょう。

◎「専属専任媒介契約」

<売主様>
・依頼できるのは1つの不動産会社だけ。他の不動産会社に重ねて依頼を行う事は出来ません。
・依頼した不動産会社が探索した相手の方以外の方とは売買もしくは交換の契約の締結を行う事は出来ません。
<不動産会社>
・不動産指定流通機構に5営業日以内に登録を行います。
・1週間に1回以上業務処理状況を売主様に報告します。

◎「専任媒介契約」

<売主様>
・こちらも依頼できるのは1つの不動産会社だけ。他の不動産会社に重ねて依頼を行う事は出来ません。
・ご自身で見つけた相手方であれば不動産会社を通さずに売買契約を締結する事が可能です。
<不動産会社>
・不動産指定流通機構に7営業日以内に登録を行います。
・2週間に1回以上売主様に業務処理状況の報告を行います。

◎「一般媒介契約」

<売主様>
・他の不動産会社に重ねて依頼する事が可能です。
<不動産会社>
・不動産指定流通機構への登録義務は無く、業務処理状況の報告義務はありません。どちらも任意となります。

まとめ

今回は媒介契約について「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つをそれぞれご説明させて頂きました。

この3つの内容をよく理解して置くことは、失敗や後悔の無いマンション売却を行う為の大切なポイントの1つです。

その為、分からない点や不安なことがある場合は不動産会社に必ず確認を行いましょう。

栄進では、マンションの売却、購入もサポートさせて頂いております。

気になる物件や、何かご質問などあればいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。