【マンションの豆知識】マンションを賃貸としている際の注意点 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションを賃貸としている際の注意点

遠方にあるマンションを売却する場合の注意点について
10

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
前回の記事ではマンションを売却する際の注意点を、状況別にそれぞれご紹介させて頂きました。今回は中編です。

前回の続きとして、マンションを賃貸としている際の注意点、遠方にあるマンションを売却する場合の注意点について状況別
にご紹介させて頂きたいと思います。

マンションの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎「マンションを賃貸としている場合の注意点」

賃貸としているマンションを売却する場合には、主に2つの方法があります。
「賃貸のまま売却する方法」と「賃貸の利用者に明け渡してもらい売却する方法」です。

◎「賃貸のまま売却する方法」

賃貸中のまま売却する際には、買主が賃貸経営となるイメージがしやすいかと思います。

ですが、この場合はマンションが収益物件になるので、居住用のマンションとは評価の方法が違ってきます。

居住用のマンションの場合は、同じマンション内や近隣の似たような造りのマンションの過去の取引事例や売り出し事例を比較しながら査定価格を決定していきます。

投資用マンションの場合は、マンションから得られた利益を利回りで割ることによって査定金額を決めていきます。

その為利益が多ければその分査定金額は高くなります。

また、利益が少なければその分査定金額は低くなってしまうので、投資用マンションの場合には利回りを重要視します。

◎「賃貸の利用者に明け渡してもらい売却する方法」

賃貸の利用者に明け渡してもらい売却する場合にも、居住用のマンションと同じように売却することが可能です。

ですが、立ち退きが完了するまでに時間と費用が掛かってくるので事前にしっかりと計画しておく事が重要です。

◎遠方にあるマンションを売却する際の注意点

売却するマンションが、現在住んでいる場所から遠いところにある場合はマンションのある現地で不動産会社を探す必要があります。

マンション売却は基本的に、契約時と引渡し時には本人の立ち会いが必要となります。

どうしても都合がつかないというような場合には、現地までの交通費や宿泊費、郵送料など諸々の費用が掛かってくる事を視野に入れておきましょう。

まとめ

今回は、マンションを売却する際の注意点をそれぞれの状況別に「マンションを賃貸としている際の注意点」と「遠方にあるマンションを売却する際の注意点」の2つをご紹介させて頂きました。

次回の記事では今回の続きとしてその他の状況別に注意点をお話させて頂きます。

栄進では、マンションの売却、購入もサポートさせて頂いております。

気になる物件や、何かご質問などあればいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。最後までお読み頂きありがとうございました。