【マンションの豆知識】壁紙について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションを売却する際に壁紙は張り替えるべき?丁寧に解説します!

こんにちは!古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

マンションの売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。

「壁紙の張り替えは必要なのか」と疑問に思う方も多いと思います。

今回はマンション売却の際の、壁紙の張り替えについて紹介していきます。

不動産売却を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

マンションの売却で壁紙の張り替えは必要なのか?

壁紙について1

マンションの売却の際、壁紙の張り替えが必要なのでしょうか。

結論から言うと、壁紙を張り替える必要はありません。

しかし、基本的には張り替えなくて良いとはいえ、張り替えた方が良い場合もあります。

まずは、築年数が古いマンションについてです。

築年数が古いマンションで特にひどい汚れがついている場合は、張り替えを行うことをおすすめします。

しかし、部屋の劣化は一部分にだけ現れることが多く、そこだけを張り替えてしまうと逆に目立ってしまいます。

そのため、非常に汚い場合を除いて、張り替える必要はありません。

次に、築10年以内のマンションについてです。

築年数が浅いマンションは、顧客から部屋のきれいさを重要視される場合が多いです。

基本的に築年数が浅いとあまり汚れてはいませんが、特に汚れが目立つ場合は注意が必要です。

理由としては、新しいマンションを購入する方は、購入後に新たにきれいにするという意識があまりありません。

リフォームしないことを希望している場合が多いです。

そのため、目立つ汚れがある場合は、張り替えてきれいにしておきましょう。

マンションを貸す際の壁紙の注意点とは?

壁紙について2

マンションを貸す場合には、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。

ここでは、マンションを貸す際の壁紙の注意点について紹介します。

マンション売却時には補修の必要はありませんが、貸す場合には補修する必要があります。

貸す場合は、相手に壁紙が汚される可能性があります。

壁紙の汚れを承知し、マンションを購入した場合は購入者が自由に壁紙を変更できます。

しかし、賃貸の場合は築年数や汚れによらずきれいにしておくことを求められます。

賃貸を検討中の方は、日が当たる場所や電気をよくつける場所は暗い色の壁紙にするなどの工夫をしましょう。

まとめ

今回はマンションの売却の際の壁紙について紹介しました。

壁紙の必要性について、理解は深まったでしょうか。

賃貸を検討中の方は、入居者に心地良く住んでもらうためにも壁紙をきれいな状態に保っておきましょう。

マンションの売却でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。