物件力を上げるための3つのポイント

詳しくご紹介いたします
5

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
不動産の売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?
不動産を高値で売却する為に欠かせないのが「物件力」。
どのような物件であっても磨けば光ります。

前回の記事ではこの物件力について少しお話しさせて頂きましたが、今回はさらに詳しくこの物件力についてご紹介させて頂きたいと思います。

不動産の売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

□不動産の物件力を高めよう!

不動産の物件力を高める方法を3つご紹介させて頂きます。

 

1 「税金優遇の利用を可能にする」

物件の登記簿に記載されている新築日が「昭和56年12月31日」以前の戸建やマンションは住宅ローン控除などの住宅購入に関する減税を利用する事ができません。

ですが!「耐震基準適合証明書」を取得すると住宅ローン控除などの利用が可能になります!

個人で売却するマイホームであれば最大140万円、夫婦ペアローンの場合は最大280万円もの住民税や所得税の還付を受ける事が出来るようになります。

これは買主さまからしても大きな魅力となりますよね。

 

2「保証をつける」

・住宅診断を行う(インスペクション)
・かし保険への加入
・設備点検をいれ設備保証を付ける
住宅診断や設備点検は調査するだけでもある程度の費用がかかってきますし、保証は有料です。

それでも住宅購入は人生においてかなり大きなお買い物だからこそ、建物や設備に関する安心材料を付けておくと強い武器になります。

 

3「室内を綺麗にしておく」

室内清掃を済ませておくのは当然ですが、観葉植物やスリッパ、芳香剤、バルコニーサンダルなどの設置をオススメしています。

また、照明が切れてる場合は必ず交換をしたり、クロスの剥がれや故障個所のリペアは事前にしておくと尚良いでしょう。

物件の状態によっては100万円前後のリフォーム後の販売の検討もオススメします。

まとめ

今回は物件力を上げるための3つのポイント、「税金優遇の利用を可能にする」「保証をつける」「室内を綺麗にしておおく」をご紹介させて頂きました。

この3つだけでなく、空室の場合にも電気や水道は実際に使える状態にしておくことをお勧めします。

室内で商談をする為にエアコンが付けられるようにしておく為や、下水道の匂いが上がって来るのを防ぐ為でもあります。

このような「おもてなしの心」も持っておくことで高値成約に結びつきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。古河市での不動産売却の際は、ぜひ栄進までお声かけ下さい。