【不動産の豆知識】空き家が倒壊したら責任の所在はどこ? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

空き家が倒壊したら責任の所在はどこ?

空き家放置のリスクの1つである倒壊について
38

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

近年空き家問題が深刻化していることをご存知ですか。
空き家を管理せずに放置しておくと景観の悪化や倒壊などのさまざまなリスクを抱えることになります。
この記事では、空き家放置のリスクの1つである倒壊についてや倒壊した場合の責任の所在について詳しく解説します。

□空き家が倒壊した場合の責任の所在は?

それでは万が一空き家が倒壊してしまった場合、その責任の所在はどこになるのでしょうか。

 

空き家が倒壊した場合、その賠償責任を負うのは基本所有者となります。
さらに空き家が倒壊すると近隣住民へ被害をもたらすこともあり、その場合の賠償金は何千万から何億円にまで上ることも考えられます。
ではどのような被害が考えられるか、またどこまで責任を負うべきかについて事例を交えながら解説していきましょう。

 

空き家が倒壊して近隣の建物にまで被害をもたらした場合、まずは所有している空き家の解体費用がかかることを想定してください。
解体費用は広さや形状によって異なり、例えば木造の場合だと建坪50坪程度で250万円ほどです。

 

次に考える費用は近隣建物に与えた被害に対する賠償費用です。
この場合も修繕程度で済むのか、もしくは建て替えが必要なほど被害が及んでいるのかで費用が異なります。

 

また空き家が倒壊すると通行人に損害を与えるケースがよく見られます。
この場合も前述と同じように解体費用を想定しておくこと大切です。
しかし損害賠償金は建物に被害を与えた場合よりも高額なことが予想され、もしその通行人が命を落としてしまった場合は何億円という費用を負担する可能性もあるでしょう。
前述の場合とは違い、損害保険の対象にならないこともあるので、全額負担することも予想されます。

□有効な空き家対策をご紹介!

上記では空き家が倒壊した際の責任の所在について解説しましたが、できればこのようなリスクを防ぐために事前に対策しておきたいですよね。
ただ空き家が遠方にある場合は定期的に訪れて管理するのは難しいでしょう。
管理が困難な場合は管理代行業者に依頼したり、賃貸物件として貸し出したりする方法があります。
倒壊などのリスクを抱えないためにも早めの対策を心がけてください。

まとめ

この記事では、空き家が倒壊した際の責任の所在について解説しました。
空き家が倒壊した場合は基本所有者の責任となります。
このようなリスクを未然に防ぐために、賃貸物件として貸し出したり管理代行業者に委託したりする方法があります。
この記事を空き家対策の参考にしていただけると幸いです。