【不動産の豆知識】不動産売却と買取の違いについて | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売却と買取の違いについて

不動産を売却するか、買取を依頼するかで悩んでいる方へ
30

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「不動産を売却しようか買取を依頼しようか悩んでいる」

「不動産売却と買取の違いについて知りたい」

不動産を売却するか、買取を依頼するかで悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、不動産売却と買取の違いについてご紹介します。

□不動産売却と買取にはどういった違いがあるのか

不動産売却と買取にはどういった違いがあるのか分からない方も多いでしょう。

ここでは、まず売却と買取の違いについて見ていきましょう。

まず、不動産売却と買取では、不動産の買主が異なります。

不動産を売却する場合、仲介業者を利用して不動産を購入したいとお考えの方が買主です。

一方で不動産買取の場合は、不動産をそのまま業者が買い取るので、買主は不動産会社です。

不動産買取の場合、仲介業者を利用しないので仲介手数料を支払う必要はありません。

しかし、売却価格に焦点を当てると、やはり不動産を売却した方が高く売れやすいです。

仲介業者を利用することで、より広く購入希望者を探せます。

その他にも売却までに必要な期間も異なります。

不動産売却の場合、購入希望者が出てくるまで時間がかかるケースが多いです。

物件価格や立地条件などにもよりますが、売却手続きが完了するまでに時間がかかってしまいます。

不動産買取の場合は、早期に手続きを完了できます。

買主が不動産会社であるということから、宣伝や広告の手間も必要ありません。

そのため、売却活動のスケジュールを把握しやすいといえます。

また、不動産をすぐに現金に変換できることもメリットです。

□売却か買取かお悩みの方へ

実際に、不動産売却にするか不動産買取にするかでお悩みの方も多いでしょう。

ここでは売却と買取の選び方について見ていきましょう。

売却にするか買取にするかでお悩みの方は、売却が完了するまでの時間に注目してみましょう。

例えば、新生活に合わせて不動産を手放したい方は、新生活のタイミングも考慮して売却活動に期限があるはずです。

そういった方は、不動産買取がおすすめです。

不動産買取であれば、不動産の査定を依頼して現金化するまでに時間はかかりません。

逆に時間に制約がなく、できるだけ高い値段で売却したいという方は、不動産売却を選ぶのが良いでしょう。

時間に余裕があれば、購入希望者を待つだけです。

まとめ

今回は不動産売却と買取の違いについてご紹介しました。

不動産売却と買取の違いについて理解していただけましたか。

本記事を皆様の参考にしていただければ幸いです。

不動産売却に関して専門家に相談したいという方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

当社が皆様を全力でサポートいたします。