【不動産の豆知識】不動産を引き渡す際に必要な書類について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産を引き渡す際に必要な書類について

不動産会社と売却の取引をするには・・・
23

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
自宅を売却するためには売却の依頼をする不動産会社を見つけることに集中してしまうかと思います。
そして、自分が信頼できる不動産会社を見つけることができたら安心するのではなく、"必要書類"の準備に取り掛からなければなりません。
以前の記事では、不動産会社と売却の取引をするのに必要な書類についてまとめていきました。
今回は、不動産を引き渡す際に必要な書類についてまとめていこうかと思います。

□引き渡しにも書類が必要!?

自分の自宅を購入してくれた買い主さんとは、売買取引で注意事項・重要事項などの書類の取引やお金の取引を行います。
売買取引を終えることができれば、残りの代金を支払ってもらい住宅を買い主へ引き渡さなければなりません。
住宅を渡すだけなのに書類が必要なの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでもいくつかの重要な書類を準備しなくてはいけません。

□1.本人確認書類

不動産を買い主へ引き渡すために、売り主が本人なのかを確認します。
本人確認をせずに取引を終え、後に売り主だと偽った人が勝手に売却していたというトラブルになりかねません。
本人確認を証明する書類としては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが有効です。

□2.実印や印鑑証明書

役所へ届け出た印鑑の証明書を用意する必要があります。
印鑑証明書は発行されてから3か月以内のものが有効です。

□3.住民票

引き渡しを行うということは登記内容が変わります。
特に対象となる不動産の所有権者が売り主から買い主から変わります。
住民票は必ず全員が必要というわけではなく、売主が今住んでいる住所と登記に記載されている住所が異なる場合は準備します。
住民票は発行されてから3か月以内のものが有効です。

□4.銀行口座

引き渡しを行うタイミングと残りの代金を支払うタイミングは同じになります。
もし、買い主がお金を全額払ったのに売り主が姿をくらましお金だけ取られてしまったり、売主が不動産を引き渡したのに買い主からお金を支払ってもらえず家だけが捕られてしまったというトラブルになるのを防ぐためです。
お金を支払うタイミングと不動産を引き渡すタイミングを同じにすることで不正が内容にします。
残代金はとても高額になるので銀行振り込みになることが多いです。
そのために、銀行口座を買い主へ教えるために銀行口座および通帳と通帳印が必要になります。

□5.鍵一式

玄関の鍵や勝手口の鍵、物置の鍵などあらゆる場所に鍵が備え付けられている場合は、鍵を用意しておきましょう。

まとめ

本日は、引き渡しを行う際に準備する書類や物についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
本人確認書類や実印・実印証明に関して、共有名義人となっている場合は共有している人物全員のものを用意してください。
住民票などは取引をする際に何度と提出されるので、前もって必要な書類を調べておき、何度も書類を取りにいかないようにすることも可能になるかと思います。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。