【不動産の豆知識】住宅ローンがある家の売却方法は? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

住宅ローンがある家の売却方法は?

賃貸にする場合 と 売却にする場合について
17

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
新しい家を建てたばかりであったり、購入したばかりの自宅の住宅ローンがまだ残っているのにも関わらず、転勤などの理由で自宅をどうにかしなければならないこともございます。
選択しとしては、自宅を「誰かに貸しておく」「売却して家族で引っ越す」「単身赴任をする」「空き家のままにしておく」といった選択肢があります。
皆さんは、この4つの選択肢の中ではどれを選びますか?

□持ち家を売却すると…?

持ち家を売却すると簡単な話、自宅が"現金化"されますし、売却できた額によって利益を得る可能性もあります。
不動産を所有しているだけで"コスト"や"リスク"が生じるので、その危険性を回避するためには維持・管理費が必要になってきます。
しかし、手放してしまえば老朽化といったリスクが無くなりますし、老朽化を抑えるための"コスト"も必要なくなります。

先ほどお話した通り、自宅を売却することで現金化されるので住宅ローンの返済へ充てる方が多いかと思います。
住宅ローンが残り2000万円程であったとしても、自宅が2000万円以上で売却できるとは限らないのです。
自宅周辺の地価や住宅の状態、需要があるかどうかによって売却価格は左右します。
売却金額を住宅ローンの完済へすべて充てられない場合、足りない分の金額を自分で用意しなければなりません。
さらに、「売却」をする場合は不動産会社の担当者の人を通してお客様を見つけてもらい取引が開始されます。

無事に引き渡しが行えたのであれば、担当してくれた不動産会社へお礼として「仲介手数料」を支払い、引き渡しの際に所有権を移動するために尽力してくれた司法書士の方へ「登記費用」といった出費があります。

□賃貸と売却を比較

こう見ると、売却できたとしても色々とお金のことで悩まれるかと思いますが、悪いことばかりではありません。
不動産を賃貸といった保有したままであるであれば、不動産会社に対して管理料を支払ったり、固定資産税や修繕費といった費用がありますが、保有しないのであればこれらの費用は不要となります。
そして、入居者が現れて住んでくれることは確実だからといって安心してはいけません。
もし自宅が雨漏りをしていたら、どこか壊れていたら・・・と欠陥が見つかった場合、修繕してほしいといったクレームが来る可能性があります。
引っ越し先が遠く離れていた場合、入居者からのクレームを対応を十分に行えなかったり、台風や地震の被害を受けてクレームが来たりとかなり精神的に疲れてしまうことがあります。
入居者が退去してしまったら、また新しい入居者を見つけるかと思いますが、入居してもらう前に必ずハウスクリーニングを行い入居者を迎え入れる準備をする必要があります。
売却を行うのであれば、購入してくれる人の興味を引くために多少のハウスクリーニング等を行うだけで、一度売れてしまえばこの先その不動産を管理する必要はなくなり、負担が少なくなります。

□売却の注意点

売却するのであれば、必ず自宅の築年数は確認をしましょう。
どうしても築年数で不動産の査定額並びに販売価格が決まってしまうのです。
まだ築年数が経っていないのであればある程度、査定額に期待をすることができますが、かなりの年月が経ってしまった場合は希望通りの価格に設定することが難しくなってしまいます。
なので、できれば早めの決断を下した方がよいかと思います。

まとめ

本日は、購入した不動産を売却する場合はどのようなことが見込めるかについてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
上記では、不動産を賃貸として人に貸したときと比較をしながらお話いましたがそれぞれにメリットデメリットはござます。
賃貸にする場合と売却する場合では、売却したと時の方が精神的には楽かもしれません。
しかし、一度は購入した自宅ですので当然思い出も詰まっていますので慎重に考えていくことも大切です。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。