【不動産の豆知識】共有持分を売却する際に発生しがちなトラブル | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

共有持分を売却する際に発生しがちなトラブル

勝手に売却されないための対処法について
12

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「共有持分を売る時にはどんな理由でトラブルになるのかな」

「共有持分を勝手に売却されそうで怖いな」

そのような悩みや疑問をお持ちの方も多いです。

そこで今回は、共有持分を売却する際に発生しがちなトラブルと、勝手に売却されないための対処法についてご紹介します。

□共有持分を売却する際に発生しがちなトラブルとは?

共有持分を売却する際にはトラブルが発生しがちです。

では、具体的にどのようなトラブルが発生しやすいのでしょうか。

ここでは、共有持分の売却に関するトラブルを3つご紹介します。

□1つ目は、共有者が売却に賛成しないことです

共有名義の家は、全員の同意がないと売れません。

そのため、売却に反対する方がいると、なかなか家を売れず共有状態が続くことがあります。

□2つ目は、代金を受け取った共有者がその代金を分配しないことです

共有名義の家を売る際には、代表者を決める必要があります。

その代表者が代金を受け取る役割も担っていますが、受け取った代金を共有者に分配せずにトラブルとなった事例もあるため気をつけましょう。

□3つ目は、共有者のひとりが勝手に持分を売却することです

共有名義の家を売るには全員の同意が必要だとご紹介しました。

しかし、共有持分のみだと売却できるため、共有者に勝手に持分を売却されてトラブルになることもあります。

□共有持分を勝手に売却されないための対処法とは?

家を共有名義にしていて、共有持分を勝手に売却されたケースもあります。

ここからは、共有持分を勝手に売却されないための対処法をご紹介します。

ぜひお役立てください。

□1つ目は、遺産分割時に単独名義となるよう相続することです

共有名義となる原因として多いのが相続です。

共有名義にすると公平ではありますが、管理や利用の仕方でトラブルに繋がりやすいです。

売却しないのであれば、家以外の遺産の取り分けを調整し、単独名義で相続するようにしましょう。

□2つ目は、なるべく早めに共有物分割請求を起こすことです

共有持分を売却されそうならば、自分から共有物分割請求を起こすことも方法の1つです。

第三者に売却してしまった持分を買い取るよりもお互い納得して売却できます。

まとめ

今回は、共有持分を売却する際に発生しがちなトラブルと、勝手に売却されないための対処法についてご紹介しました。

共有持分に関する悩みを解決する機会となりましたら幸いです。