【不動産の豆知識】いらない土地の処分方法って?処分する際の注意点についても解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

いらない土地の処分方法って?

処分する際の注意点についても解説!
7

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「いらない土地をどうやって処分したら良いのかな」

「いらない土地を処分するときに気を付けることはあるのかな」

そのような悩みを持った方も少なくないですよね。

今回はいらない土地の処分方法についてと、処分する際の注意点について解説します。

□いらない土地を処分する方法として寄付、放棄、売却ができる

いらない土地を処分する方法は3つあります。

ここではそれぞれの方法について解説します。

□1つ目の方法は、寄付です

自治体や、個人、法人に寄付することでいらない土地を処分できます。

自治体へ寄付する場合は、担当窓口がありますので、そちらで相談していただくと良いでしょう。

個人へ寄付する際は欲しい方が居れば譲渡先はどこでも構いませんが、寄付相手が贈与税を支払う必要があります。

また、法人に寄付する際には譲渡所得が課税される可能性もあるという点だけ注意が必要です。

□2つ目の方法は、放棄です

すでに所持している土地を放棄することは基本的にできませんが、実家の土地などの相続を放棄することは可能です。

しかし放棄をしても管理義務は継続されるため、管理義務を免れるためには家庭裁判所に申し立てる必要があります。

□3つ目の方法は、売却です

売却をしてもなかなか買い取り先が現れない場合もあります。

仲介で売却される際にはそれなりに時間がかかることを知っておきましょう。

□いらない土地を処分する際の注意点について

土地を処分するためにはいろいろと準備が必要です。

ここではいらない土地を処分する際に気を付けてほしい点について解説します。

1つ目の注意点は、土地の境界線を明確にすることです。

資産価値算出をするためには明確な土地の境界線を知る必要があります。

自治体の窓口で確認できますが、明確に分からなかった際には、土地測量士への依頼が必要です。

2つ目の注意点は、土地の売却には税金がかかることです。

土地を売却して、利益の方が大きかった場合には譲渡所得税がかせられます。

その他仲介手数料や登録免許税、印紙税なども必要です。

まとめ

今回はいらない土地の処分方法と、処分をする際の注意点について解説しました。

いらない土地を処分される際には、ぜひ参考にしてくださいね。

また当社ではお客様目線をモットーに不動産の売買のサポートを行っております。

古河市近郊で不動産売買をお考えの方はぜひご相談ください。