【不動産の豆知識】土地売却の流れについて解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

土地売却の流れについて解説!

売買契約締結後も注意が必要!
4

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

土地を売却する際に何をすれば良いかご存知ですか。

土地の売買は滅多にないことなので、分からないことが多い方もいらっしゃると思います。

今回は土地売却の流れと土地売買契約締結後の注意点についてご紹介します。

□土地売却の流れについてご紹介

土地売却をスムーズに行うためにはその流れを把握しておくことが大切です。そこでここでは土地売却の流れをご説明します。土地の売却には土地の査定、売出し価格の決定、媒介契約の締結、売却活動、売買契約、土地の引き渡しという6つのプロセスが必要です。

1つずつ順番にご説明します。

まず土地の査定を行い、売却する土地にどのくらい価値があるのかどうかみてもらいましょう。広さや場所などによって査定額は変化します。売出し価格は、査定結果をもとに売主が決定できます。設定価格が高すぎると売れませんし、低すぎると損をしてしまうので適正な価格を設定しましょう。

売出し価格を決定したら、不動産会社と媒介契約を結びます。

媒介契約とは、不動産会社に土地の売買の仲介を依頼するための契約のことです。媒介契約の締約後は、土地を買ってくれる人を見つけるための売却活動を行います。具体的には広告活動などがここに該当しますが、多くの場合不動産会社が代わりに行います。

買い手が見つかれば、次は売買契約です。

買い手との間で売買契約の条件をすり合わせ、双方で合意を得られたら売買契約が締結できます。

そして売買契約を締結した後は土地の引き渡しが行われます。引き渡しに必要な書類などについては不動産会社から提示されるため、忘れずに準備しましょう。

□土地売買契約締結後の注意点とは

上では土地を売却する際の一連の流れをご紹介しました。ここでは土地売買契約を結んだ後の注意点をご説明します。

注意点の1つに売買契約を締結した後に考えられるトラブルがあります。例えば、実印や権利証などの必要書類の紛失ということが挙げられます。これらは土地の引き渡しに必ず必要ですので前もって用意しておき、当日トラブルにならないようにしましょう。

まとめ

今回は土地売却の流れと土地売買契約締結後の注意点についてご紹介しました。

土地の売却は経験がない人が多く不安なことが多いと思います。

また金額も高額であるためなるべくトラブルは最小限に抑えたいですよね。

ご不明点のある方はぜひお気軽に当社にご相談ください。