【不動産の豆知識】中古住宅の売却の際、内覧のポイントをご紹介! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

中古住宅の売却をお考えの方へ!

内覧のポイントをご紹介!
23-内覧時のポイントについて

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

今回は、中古住宅の売却を検討されている方に向けて内覧のポイントをくわしくご紹介します。

本記事を参考に、スムーズな売却を進めていただければ幸いです。

□内覧までの事前準備の注意点とは

内覧までの事前準備の注意点は、大きく3つあります。

1つ目は、家の情報や修繕の履歴について記載された書類を用意しておくことです。

内覧前は、家のことや修繕の履歴がわかるものを準備しておくことが重要です。

なぜなら、購入希望者に住宅のスペックや劣化の状況をスムーズに伝えられるからです。

できる限り、住宅の情報が詳細に記載されている書類を用意しておくことをおすすめします。

2つ目は、最低限の掃除を行うことです。

内覧の前に必ず最低限の掃除を行いましょう。

掃除を行うことで、内覧者に良い印象を与えられます。

キッチンや風呂場、トイレといった水回りは、特にチェックされる箇所です。

水回りの状態が、住宅の印象を左右すると言っても過言ではありません。

そのため、水回りの掃除は、重点的に行っておくことをおすすめします。

3つ目は、見た目だけでなくにおいも確認することです。

居住者が生活の中で気にならないにおいであっても、内覧者にとっては気になるにおいである場合があります。

特に、タバコやペット、靴のにおいには十分に配慮しましょう。

内覧前には、消臭剤を用いて少しでもにおいの気になる場所は消臭しておきましょう。

加えて、内覧前には部屋の空気を換気しておくことをおすすめします。

□中古住宅の売却の内覧で絶対にやってはいけないことについて

内覧の際にやってはいけないことは、2つあります。

1つ目は、積極的なアピールを行うことです。

中古住宅の購入検討者には、買いたいという気持ちを持っていただくことが大切です。

売主の積極的なアピールは、場合によってはマイナスになる可能性があります。

聞かれてもいないことを話したり、内覧者にずっと付いて案内したりすることは避けましょう。

簡単な家の説明以外は、質問されことに対して答える程度が望ましいです。

内覧者とは適度に距離を保ちつつ、丁寧に接するようにしましょう。

2つ目は、不確実なことを買主に直接伝えることです。

不動産会社の担当者が不在の際に、売主と買主で直接契約条件の話をするのは控えましょう。

不動産売買に関する専門家がいない場所での交渉は、トラブルを引き起こす可能性があります。

下手に口約束をしたことで、契約決裂になることもあるので内覧時の条件交渉は不動産会社を介して行いましょう。

まとめ

中古住宅の売却を検討されている方に向けて、内覧時のポイントについてご紹介しました。

古河市で中古住宅の売却を検討されている方がいましたら、お気軽に当社にお声がけください。