【不動産の豆知識】売却の際の失敗例と売却活動のポイント | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売却をお考えの方へ!中古住宅の売却をお考えへ!

売却の際の失敗例をご紹介!
21-中古住宅売却の失敗例 と売却活動のポイント

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

今回は、中古住宅の売却を検討されている方に向けて、売却の際の失敗例をくわしくご紹介します。

失敗例を把握し、スムーズな不動産売却を進めていただけると幸いです。

□中古住宅売却の失敗例とは

中古住宅の売却における失敗例は、2つあります。

1つ目は、売却を焦りすぎしまい、希望する価格や条件で売れなかったという失敗例です。

不動産売却の失敗例として、焦りや時間のなさが失敗につながるケースは多いです。

一般的に、不動産の売却手続きは引き渡しまでに6ヶ月ほどの時間を要します。

しかし、急な転勤ですぐに家を売ることになった場合や日々の生活が忙しく不動産売却を始めるのが遅れた場合は、買主との交渉が疎かになってしまいます。

そのため、不動産売却手続きは時間にゆとりを持って取り組むことが大切です。

2つ目は、内覧の対応を失敗してしまい、売買契約までつながらないという失敗例です。

内覧は、不動産の売却をスムーズに進める上で非常に大切なフェーズです。

「内覧日までに掃除をしておらず、部屋が汚かったため取引が打ち切られた」

「内覧当日の対応でミスをしてしまい、内覧後の話し合いが停滞した」

上記のようなケースも稀ではありません。

売却手続きは、以下のようなステップで行われます。

物件の売却活動を開始すると、内覧の問い合わせを受けます。

問い合わせに応じて内覧を実施し、問題がなければ売買契約の交渉に移ります。

この交渉が成立すれば、売却は完了です。

このステップを順調に進めるための鍵を内覧時の対応が握っていることは明らかです。

内覧を成功させるためにも、ハウスクリーニングといったサービスを積極的に活用し、住宅を清潔な状態に保つようにしましょう。

□売却活動を失敗しないためのポイントについて

売却活動を失敗しないためのポイントは、2つあります。

1つ目は、内覧を成功させることです。

先ほども述べたように、内覧の成否は、不動産売却の成否につながります。

内覧者に良い印象を与えられるように、行える工夫はすべて行うようにしましょう。

2つ目は、価格と時期を適切にすることです。

売り出し価格と売り出し時期を意識することで、売却の成否は大きく変わります。

売り出し価格は、中古住宅のある地域の相場と比較して、高すぎない価格を設定しましょう。

売り出し時期は、中古住宅の需要が高まっている時期に設定しましょう。

そうすることで、売却がスムーズに進む可能性が高まります。

まとめ

今回は、中古住宅売却の失敗例と売却活動を失敗しないためのポイントについてくわしくご紹介しました。

本記事を参考に、スムーズな中古住宅の売却を実現しましょう。

中古住宅の売却に関してお困りの方は、お気軽に当社にお問い合わせください。