【不動産の豆知識】4種類の売却方法 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売却をお考えの方へ!4種類の売却方法をご存知ですか?

売却方法のご紹介

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
家の売却をお考えの方はいらっしゃいますか?
売却といってもその方法はいくつかあるのですが、どの方法で家を売却すればいいのか分からないと不安に思っている方もいらっしゃると思います。
本日は、売却の方法別にお話していこうと思います。

17-4種類の売却方法について

◎売却方法は4種類
家を売却するには、「仲介」「買取」「任意売却」「リースバック」という4種類がありいます。
これは、住宅ローンがまだ残っている人で売却すれば返済できるもしくはできないといった状況でどの売却方法を選べばよいか変わってくるかと思います。

□仲介での売却

家を売却する時に、一般的に「仲介」での取引が利用されるのですが、この方法が選ばれる理由は”家を一番高い価格で売却できる”からです。
家を売る相手は買主となる一般の方で、不動産会社が売主と買主を繋げて売買の仲介をしてくれます。
少しでも高く売却できるという可能性がある反面、いつ家が売れるのか見通しがつかないという点と売却を準備すための時間と手間がかかります。
また、住宅ローンを完済した方や売却価格が未完済の住宅ローンを上回っていて住宅ローンを完済できるという方は仲介で家を売却することができます。
売却価格より住宅ローンが上回っていたとしても、現金で一括返済が可能な方も売却することができます。

□買取での売却

今すぐに家を売却して、手元に現金が欲しいという方は「買取」という方法を利用します。
買取の場合、不動産会社が売主の物件を直接買い取ります。
一社の不動産会社にお願いをするのではなく、複数の不動産会社に買取をお願いしてより条件のよい会社で手続きを行うとよいかと思います。
最短で1週間程度で売却した家を現金化することができますが、仲介での売却価格よりは安くなってしまいます。
こちらも仲介と同様に、住宅ローンを完済した方、売却価格が未完済の住宅ローンを上回っている方、売却価格が未完済の住宅ローンを上回っていないが現金で一括返済が可能な方は、家の買取を利用することができます。

□任意売却

売却価格が未完済の住宅ローンを下回っており、売却をしても住宅ローンの完済が不可能な方や、現金で一括返済できない方は「任意売却」での売却でしか家を売ることはできません。
住宅ローンの返済が困難なため、不動産会社が金融機関を交渉して売却する方法です。
売却の流れは仲介と同じで買主である一般の方を対象とします。
任意売却を利用するには、住宅ローンを滞納・遅延していなければなりません。

□リースバックでの売却

家を売却してお金を手元に欲しいが、その家には住み続けていたという方は「リースバック」という方法を利用します。
リースバックを取り扱っている不動産会社に家を買い取ってもらい売主は売却でのお金を得ることができ、その家に住み続けることが出来ます。
ですが、売却価格は仲介売却の約半分程度で、住み続けることが出来る期間が3年程度と決まっています。
3年以内にその家を買い戻さなければ、家を出ていかなくてはなりません。
どうしてもその家に住みたいという理由がないのであれば、買取をおすすめします。

まとめ

本日は、4種類の売却方法についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
住宅ローンの返済状況やどのくらいの期間で家を売却したいかで売却方法は異なってきます。
ご自身の状況やどのくらいの価格で物件を売却できるのかをしっかりと把握して売却活動をおこなっていくとよいかと思います。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。