【不動産の豆知識】不動産売却の内覧時の注意点1 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売却(住みながら)の内覧時の注意点1

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
今お住みの家を早くまたは、少しでも高く売りたい方はいらっしゃいませんか?
家をどう売却すればいいのか分からない、内覧って何をすればいいのと悩んでいる方がいらっしゃると思います。
その方々のために、家売却時の内覧についてお話させていただきます。

□第一印象が重要になります

08-内覧前の準備について1

家に住みながら売却を考える場合、どのようにして内覧の準備をするべきか悩みますよね。
家を見に来る方は、必ずと言っていいほど内覧時の印象が売買の成否に繋がります。
皆さんも、第一印象は良くない場所には住みたくないですよね。
家は、そこに住む人の安らぎの場であり、安心して明日を迎える場所です。
なので、内覧者が不安を感じてしまうと、売買成立には至りません。

しかし、住みながら家を売却する場合、内覧希望者から突然に内覧の予約が入ることがあるので予想以上に準備が大変です。
そこで、内覧当日までにやるべきことや、内覧日に内覧者と対応する際の注意することなどをまとめてみました。

◎効率よく内覧のスケジュール調整をする。

一般的に、1回の内覧で成約という形には至りません。
5回や10回行ってようやく成約となるので、内覧を断るのは家を売るチャンスを逃していることになります。
貴重な機会を逃さないためにも、相手の都合に合わせて日程を決めていきましょう。
また、時間帯としては日中の時間帯で内覧の予定を立てましょう。
理由としては、内覧者は「日当たり」を気にするからです。
夕方や天気の悪い日に内覧をしてもらっても、相手が日当たりに関しての不安が残り、成約に繋がりにくくなります。
自分の家が最も良く見える時間は売主が良く知っていると思うので、あらかじめ担当してくれる不動産業者に伝えておきましょう。
担当者がベストな時間帯で調節してくれるでしょう。

◎内覧で重要なのは、印象です。

毎日生活している場所ですのでどうしても「生活感」が出てしまいます。
皆さんは、綺麗に整っている部屋と洗濯物が散らかっている部屋とではどちらがいいですか?
まずは、始めの準備としてきちんと整理整頓を行いましょう。内覧者が良く箇所を定期的にきれいにしておくと、内覧の準備がしやすいでしょう。
特に水回りは衛生面において多くの人が気にする場所ですので注意が必要です。
そして、臭いにも注意しましょう。自分では臭いが気にならなくても、他の人にとっては臭いが気になるということはあります。
日ごろから室内の換気を行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は内覧で気を付けるべきポイントをご紹介いたしました。
内覧者と売主の無理のないスケジュール調整、家の好印象の重要性は基本的に重要なことです。
上記に記載されていること以外にも注意すべきととこがたくさんあります。
次回の記事でも内覧時の注意点についてお話させていただこうと思います。

不動産のことでお困りの際は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。