【不動産の豆知識】不動産売却時の媒介契約について | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産売却時の媒介契約について解説します!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

古河市で不動産売却をお考えの方いらっしゃると思います。

今回は、その際に知ってほしい知識として媒介契約とは何か、締結時の注意点について紹介します。

□媒介契約とは?

06-媒介契約について

媒介契約とは、不動産会社に売却を頼む際に依頼者と不動産との間で結ばれるものです。

この契約は依頼の関係を明らかにすることと双方の間での条件をまとめるためにあり、トラブルを防ぐ役割もあります。

不動産会社は、これらを作成し依頼者に渡す義務があります。

内容としては、所有している物件をどういった条件で売却するか、契約成立時の報酬額などが挙げられます。

つまり、これを締結することで依頼者と不動産会社側の双方が認識を共有しつつ安心して取引できます。

また、媒介契約には3つの種類が存在します。

1. 専属専任媒介契約

これは、1つの特定の不動産会社と契約を結ぶものです。

そのため、他社と合わせて取引できません。

さらに、この契約では不動産会社が見つけた買い手のみとの取引となります。

そのため、身内や知り合いと契約を結ぶ際でも不動産会社を仲介する必要があります。

契約期間は最大3ヶ月と設定されているため、それを超えると再度締結する必要があります。

なお、契約を結んだ翌日から5日以内にレインズへ登録する義務があり、会社側は7日に1度依頼者へ販売状況を報告する義務があります。

2. 専任媒介契約

これは、1社のみとの契約で、契約期間は最大3ヶ月であり先ほどと同じです。

しかし、購入者を自ら見つけた場合は売買契約を結べ、契約を結んだ翌日から7日以内にレインズへの登録、依頼者へ販売状況を報告する義務は14日に1度となります。

3. 一般媒介契約

これは、複数社と同時に媒介契約を結べ、自ら発見した買い手と媒介契約を結べるため制限は少ないと言えます。

レインズへの登録、販売状況を報告する義務は特になく、サポートは手薄と思われるかもしれませんが、契約期間には決まりが無いので会社との間で決めましょう。

□媒介契約締結時の注意点とは

実際に媒介契約を結ぶ段階で気を付けると良いことは、売買契約を解約するための条件を確認することです。

その解約条件は3種類あり、それぞれ違います。

一般媒介契約の場合はいつでも解約でき電話でも伝えられます。

専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合でも、もちろん解約自体は自由です。

しかし、一般的に3ヶ月の期間が設けられている場合が多く、それを過ぎてからでないと違約金が発生する場合があります。

栄進では基本的に違約金をいただく事はしておりません。ご安心下さい。


さらに、媒介契約において宣伝にかかる費用の取り扱いに関して、途中解約のペナルティがある場合があります。

場合によっては、今までの広告費や宣伝費を請求される事もあります。こちらも栄進では請求することはありません。

そのため、栄進以外での契約は媒介契約の内容を確認して契約されることをおすすめします。

まとめ

今回は、媒介契約とは何か、締結時の注意点について解説しました。

不動産売却時には、この記事で紹介したことを参考に、思わぬ出費で困ることがないようにしましょう。

不動産売却時にはぜひ古河市不動産の当社にご相談ください。