日記 2020年9?page=2月 2ページ目 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

日記

DIARY

一戸建ての購入を検討中の方で、方角について詳しく知りたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
家の向きによって日当たりの良さは変わるため、方角はとても重要なポイントですよね。
そこで今回は、住宅の向きについて詳しくご紹介します。

□おすすめの方角は断言できない?

住宅の方角において、一番良い方角を断言することは困難です。
その理由は家族によって、ライフスタイルが異なり適した方角が異なるからです。
以下でそれぞれの方角の特徴について解説するため、家族の生活スタイルに合った方角を見つける際の参考にしていただけると幸いです。

東向きの特徴として、朝の日差しが強いことが挙げられるでしょう。
朝に目覚めてから日光の光を浴びることは、体内時計を整えるという意味でも体に良い影響を与えてくれると考えられています。
また、冬場にも朝から光が差し込むため、部屋を温めてくれる効果も期待できるかもしれません。
一方で、夏場には朝から気温が上がりやすくなるため注意が必要です。

西向きの特徴としては、午後に太陽の光を取り入れられることが挙げられるでしょう。
そのため、午前中はゆっくり過ごし、午後から活動したいと考えている方におすすめです。
しかし夏場には、西日によって眩しかったり暑いと感じたりする場合があるため、西向きを避ける方もいらっしゃいます。

南向きには日当たりが良いと言う特徴があるでしょう。
朝から夕方まで、まんべんなく住宅内に光が差し込むため、住宅内部も明るく感じられます。
日本にお住まいの方は日当たりの良さを重視して住宅を選ぶ傾向があるため、南向きにベランダなどがある住宅は人気が高いでしょう。
人気の高さに伴って、購入費用も高額になる傾向があることを知っておくと良いでしょう。

最後に、北向きの住宅の特徴についてご紹介します。
一般的に北向きの住宅は、日当たりが悪いため人気がないと考えられています。
しかし、日当たりが悪いことには、デメリットだけではなくメリットもあることをご存じですか?
それは夏場に日差しが差し込まないことによって、涼しく快適に過ごせることです。
住宅が密集している地域では、東向きや西向きであっても日差しが入らない場合もあります。
そのため、日当たり以外の基準で検討する場は、北向きの住宅は購入費用が抑えられる傾向があることはメリットだと言えるでしょう。

□日当たりが良くない場合の対策法

住宅の向きによって理想的な日当たりが得られない場合もあるでしょう。
しかし、間取りやインテリアを工夫することで、部屋全体を明るく見せられます。
以下で、それぞれの工夫を確認しましょう。

間取りにおいては、窓を設けたり、吹き抜けを設けたりすることでより多くの光を取り入れられます。
また、リビングの位置を2階にすることでたくさん光を取り込み明るい空間になるでしょう。

内装では、ホワイトやパステルカラーのように明るい色を使用することがおすすめです。
色を工夫することで、部屋全体を明るい印象に変えられるでしょう。
また、間接照明を設置する等の工夫を行うことで、さらに明るくおしゃれな住まいにも仕上げられます。

□まとめ

今回は、住宅を購入しようとお考えの方に向けて、方角について解説しました。
それぞれの方角にはメリットとデメリットがあることが、お分かりいただけたでしょうか。
購入する住宅を決める際に、ぜひ参考にしてみてください。

古河市で住宅購入をお考えの方、栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/09/18   投稿者:須田純一

住宅の購入における頭金とは、どのようなものかについて知りたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう
頭金の金額によって、将来支払う総金額が変わるためとても重要です。
そこで今回は、頭金について具体的にご紹介します。

□頭金とはどのようなものか

住宅を購入する場合、その費用を一括で支払う人は少数です。
住宅ローンを利用して購入する方がほとんどでしょう。
住宅ローンを使用する場合でも、購入金額の1部は自己資金から現金で支払います。
この現金で支払う費用のことを頭金と呼びます。

頭金を支払うことは、将来の毎月の負担額を抑えることにつながるでしょう。
その理由は、頭金として支払った分だけ住宅ローンの借入額が下がるからです。
頭金として費用を支払うことで、実際にマイホームで生活し始めてからの支払金額を下げられます。

また頭金は、支払い能力があることを示す1つの方法でもあります。
頭金が準備できる人は貯蓄ができる人として金融機関から信頼されるでしょう。

その信頼を得ることで、住宅ローンの審査にも通やすくなります。
また、頭金として支払う金額に応じて、住宅ローンに適用される金利が変動します。
そのため、頭金の金額が直接返済額そのものに影響すると言えるでしょう。

□頭金はどのくらい準備すれば良い?

頭金を支払うことの大切さはお分かりいただけたでしょうか。
しかし、どれぐらいの費用を準備すれば良いか決めることは困難ですよね。

用意する頭金の金額を決める際には、一般的な数値を参考にするのも1つの方法です。
一般的には、購入する物件の価格の2割程度を頭金として用意しておくべきだとされています。
しかし、こちらは理想的な数字で、実際には2割の頭金を用意せずに住宅を購入される方が多いでしょう。
お客様の中には、頭金ゼロで住宅を購入される方もいらっしゃいます。

また、貯蓄量から頭金の金額を決める方法もあるでしょう。
こちらの方法で決める際は、必要以上に支払いすぎることは避けましょう。
できる限り多く頭金を支払えば良いというわけではありません。
その理由は、いざと言う時に資金がないと生活に困る恐れがあるからです。

家族に万が一のことがあったり、働けなくなったりする可能性に備えて蓄えを残しておくことも大切です。
万が一、収入が得られない状況になっても、生活を送るために必要な資金は手元に残しておきましょう。
一般的には生活資金として、半年から約1年分の貯蓄があれば良いと考えられています。

□まとめ

今回は、マンションを購入する際に支払う頭金について解説しました。
頭金を支払うことにはメリットがあるものの、必要以上に支払うことは避けるべきだということがお分かりいただけたでしょうか。
頭金がなしでも物件は購入できるため、どのような支払い方が合っているかを考えることが大切でしょう。

古河市でマンション・戸建をお探しの方は栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/09/16   投稿者:須田純一

「マンションを一括で購入すると良いことがあるのかな?」
「気を付けるべき点があれば事前に教えてほしい。」
このように、マンションを一括で購入することに対して疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、一括で購入する際のメリットと注意点について解説します。

□マンションを一括で購入するメリットとは?

一般的に不動産の購入は、ローンを利用して行うことがほとんどです。
しかし、ローンを利用せず一括で支払いを行うことで得られるメリットもあります。
以下では、2つのメリットを確認しましょう。

1つ目のメリットは、利息が発生しないことです。
住宅ローンを利用する場合には、必ず金利があるため利息を支払う必要があります。
しかし、一括で購入する場合は、金利はかからないので利息分の支払いを行う必要がありません。

3000万円を35年ローンで借りた場合を想定して考えてみましょう。
金利は固定金利の1%だと仮定すると、毎月84,685円ずつ返済することになるでしょう。
その場合、返済総額は3,557万円になります。
そして、追加の手数料がかかるため、利息と手数料として600万円ほど支払うことになるでしょう。

このように、金利が高くない場合にも、借り入れる金額が大きな場合には、利息の金額も大きくなります。
一括で支払うと、この600万円分を支払わなくても良いです。
このお金を、貯金や老後の資金などに回せることはとても魅力的でしょう。

2つ目のメリットは、ローンの諸費用がかからないことです。
ローンを利用しないため、利息や手数用だけでなく諸費用の支払いも省略できます。
諸費用としては、契約に必要となる印紙代やローン保証料などが含まれるでしょう。

印紙代は、借入金額が1,000万円から5,000万円の間であれば1万円です。
また、ローンが保証料型のローンの場合は、保証料が数十万円にもなる場合があります。
これらの諸費用を支払う必要がないことも魅力的でしょう。

□一括で不動産を購入する際の注意点

上記では、マンションを一括で購入する際に得られるメリットについて解説しました。
しかし、注意点も存在します。

その注意点は、貯金をすべてマンションの購入につぎ込むことは避けるべきだということです。
せっかく念願のマイホームを手に入れたとしても、いざというときに教育費や医療費が支払えなくなってしまうと元も子もありません。

住宅ローンを組むと住宅ローン控除というものがあります。住宅ローン控除はローンを組む方にとってはメリットの一つです。
そのため、マンションを購入する場合は、どのような支払い方を行うのか慎重に考える必要があります。

□まとめ

今回は、マンションを一括で購入したいと考えている方に向けて、メリットと注意事項について解説しました。
一括で支払いを行うと得られるメリットもありますが、無理に一括払いをすることは避けるべきだということがおわかりいただけたと思います。住宅ローンの利息は他のローンに比べて最も少ないローンと言われています。
不動産を購入する際の参考にしてみてください。

古河市でマンションをお探しの方は栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/09/14   投稿者:須田純一

マイホームを購入したいとお考えの方は戸建かマンションで迷うと思います。
住宅の購入は、大きな費用がかかるため失敗は避けたいですよね。
その中には、戸建てとマンションどちらを購入するべきでしょうか?
今回は、双方のメリットとデメリットをご紹介します。


□戸建てのメリットとデメリット

戸建てのメリットとしては、広々としたスペースが挙げられるでしょう。
お子様専用の子供部屋や夫婦の寝室等を設けられることもメリットだと言えるでしょう。
マンションに比べて広さが魅力的な点であるため、どのように活用するか考えることも楽しいでしょう。

また、戸建ては独立した建物であるため、周囲の騒音に悩まされることもないでしょう。
お子様がいらっしゃる家庭でも音を気にせず、快適に生活できます。

駐車場が敷地内に置けるのもメリットです。駐車場からすぐに家に入れるのは楽ですね♪

一方で、戸建てのデメリットとしては、場所によってアクセスが悪いことが挙げられるでしょう。
戸建て住宅は古河駅から距離が遠かったりして、電車を使って通勤する方は古河駅近くに駐車場を借りるかバスを利用して駅まで行かなくてはならない事があります。
基本的に、車で移動行う場合は気にならないかもしれませんが、お子様の通学についても考慮すると良いでしょう。

□マンションのメリットとデメリット

マンションは駅の近くや繁華街の近くにある場合が多いでしょう。
そのため利便性が高いことがメリットとして挙げられます。

また、アクセスの良さだけでなく、生活においても楽ができることも魅力的でしょう。

庭の手入れをする必要がなかったり、部屋の外の掃除も必要ありません。
具体的には、前日の夜にゴミ捨てができるごみステーションがあったり、留守中でも受け取りができる宅配ボックスが備え付けられていたりするマンションもあります。

一方でデメリットとしては、隣接する部屋に住む方に迷惑をかけないように気を配る必要があることが挙げられます。
マンションは集合住宅のため、大きい音を出すと周囲の部屋に音が伝わってしまう可能性があります。
また、周囲からの騒音に悩まされることもあるかもしれません。

駐車場から部屋まで数分歩くケースもあります。重い荷物などがあると大変ですね。

戸建てと比較すると比較的狭い物件が多いこともデメリットとして挙げられるでしょう。
子供部屋を設けてあげたいとお考えの場合には物件の広さにも注意が必要です。

□どのような項目を重視するか

購入する住宅を検討する場合、考慮する項目は多く存在します。
具体的には購入にかかる費用、立地条件、防犯性能の高さ、利便性などが挙げられるでしょう。
これらの項目のうちどの項目を重視するかによって、メリットやデメリットとして感じるポイントは異なるでしょう。

上記では一般的にメリットやデメリットとして言われているものを紹介しました。
ご家族のライフスタイルや希望によって、それらをメリットやデメリットとして感じない場合もあるでしょう。
失敗のない住宅購入を行うためには、家族の生活を具体的に想像することが大切です。
さまざまな物件を調べ、どのような物件であれば良い生活を送れるかを考えてみることをおすすめします。

□まとめ

今回はマイホームを購入したいと考えている方に向けて、戸建てとマンションのメリットとデメリットについてご紹介しました。
それぞれには異なる特徴があることがお分かりいただけたと思います。
さまざまな項目を考慮に入れて、購入する住宅を探してみてください。

自分のライフスタイルに応じた住宅を探すのも楽しみの一つとしてお考え下さい。

古河市で住宅を探される際には栄進までご相談下さい。

投稿日:2020/09/11   投稿者:須田純一

「3階建ての住宅に住みたいと考えているが、どのようなメリットがあるのだろう。」
「注意するべきポイントについても知りたい。」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、戸建ての住宅をお探しの方に向けて、3階建てのメリットと注意点についてご紹介します。

□3階建てのメリットとは?

3階建てには大きく2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは、狭い土地を十分に活用できることです。
駅や繁華街へのアクセスが良い場所は、地価が高くなる傾向があります。
そのため、良い立地の場所に住みたい場合は、購入金額が高額になるか狭い土地になるかのどちらかでしょう。

3階建ての住宅であれば、狭い土地を有効に活用できます。
そのため、金額を抑えつつも希望に合った立地に住めるかもしれません。
主要駅や繁華街の近くに住みたいとお考えの方は、3階建てを検討してみることをおすすめします。

2つ目のメリットとして、間取りにたくさんの工夫が詰まっている場合が多いことが挙げられます。
3階建ての住宅の場合、階段を取り付ける場所や土地の広さに制限がある傾向があります。
そのため、快適に暮らせるように、間取りに工夫が盛り込まれていることが多いです。
例として両隣に高い建物があり日当たりが悪い場合には、天窓やスケルトンの階段が取り入れられたりするでしょう。

□3階建てのデメリットとは?

上記では、3階建て住宅のメリットについてご紹介しました。
しかし、メリットだけではなくデメリットもあるため、注意が必要です。

1つ目のデメリットとして、1階から3階まで階段で上り下りをする必要があることが挙げられます。
この課題点は、ホームエレベーターをつけることで解決できますが、コストがかかるため階段での移動をする場合が多いでしょう。

せっかくマイホームを購入するのであれば、長期間住みたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
そのため、老後のことを考えることも重要なポイントでしょう。
足腰が弱くなっても、充実した暮らしができるかどうかを考慮に入れて検討することをおすすめします。

もう1つのデメリットは、耐震性を考慮する必要があることです。
3階建てのものは2階建てのものより、重たい重量が建物にかかっています。
また建物自体が高い位置にあるため、地震が発生した際には揺れが大きく感じられるかもしれません。
そのため、3階建ての建物はより強固な地盤の上に建てられる必要があるでしょう。

3階建ての住宅を購入する際には、地震に耐えられる構造になっていることや、地盤の強さについても調べることをおすすめします。

□まとめ

今回は、3階建ての住宅についてご紹介しました。
どの住宅にもメリットとデメリットがあるように、3階建てにもメリットとデメリットがあります。
両方の面を考慮に入れて、購入する住宅を決めると良いでしょう。

古河市の不動産の事なら栄進にご相談下さい。

投稿日:2020/09/09   投稿者:須田純一