歴史深い町古河市(古河城) | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

歴史深い町古河市(古河城)

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
歴史深い町古河市では、様々な人物や建物の歴史で溢れています。今回はその中でも代表的「古河城」についてご紹介させて頂きたいと思います。

◎古河城とは

古河城は室町時代には古河御所と呼ばれ、古河公方、足利成氏が本拠としており、戦国時代では関東において中心のひとつでした。江戸時代に入ってからも、日光社参時の将軍の宿としてや江戸城の北方の守りとして重要視され、多くの譜代大名が入れ替わりで城主を務めていました。
また、土井利勝や堀田正俊は大老になってからも城主を務めていました。明治時代末期には治水工事が行われ、遺構はほぼ残っていませんが、古河城の近隣にある「福法寺の山門」は二の丸御殿の乾門が移築されたものと言われています。また、諏訪郭跡に建てられている「古河歴史博物館内」には精密な城全体の構造が再現された古河城下模型が展示されています。

◎古河城の見どころ

古河城は、思川と渡良瀬川などをはじめとした沼沢に囲まれている要害堅固な城でした。江戸時代になってからは本丸、二の丸、三の丸、頼政郭、立崎郭などを主郭とし、出城に観音郭と諏訪敦を配した近世城郭へと生まれ変わり、渡良瀬川を引き入れた堀が四重に取り取り囲んでいたとされています。
このような長い歴史を持っており、関東の名城の一つに数えられた古河城も、明治初年に徹底的に破壊されてしまいました。その後渡良瀬川の河川改修工事を行うために主郭部分は水没してしまいました。現在では観音郭と諏訪部の一部の土塁が残っているだけの状態です。

◎まとめ

今回は古河市の代表的な歴史である古河城についてご紹介させて頂きました。古河歴史博物館は、古河公方や古河藩主土井氏の家老であり蘭学者としても有名である「鷹見泉石」などの資料をはじめとした多くの文化財が展示されており、古河の歴史を学ぶことが可能です。
また鷹見泉石晩年の住まいを改修した泉石記念館もあります。江戸時代に作られたものとして唯一のヨーロッパ国図である「新訳和蘭国全図」など、鷹見泉石晩年が数々の研究に没頭した住居です。海外情報について教えを求めた幕府の役人たちが泉石のもとを訪ねた程と言われています。
1998年にオープンした古河文学館は茨城県内最初の文学館です。大正ロマンが漂った洋館で、推理小説家の小林久三や歴史小説家の永井路子など古河にゆかりのある作家たちの貴重な資料が展示されています。是非1度古河市の歴史について触れてみてはいかがでしょうか。
最後まで読んでいただきありがとうございます。古河市の事で不動産以外でも何かあれば栄進までお問合せ下さい。

投稿日:2022/05/07   投稿者:須田純一