古河市は関東平野のど真ん中に位置 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

古河市は関東平野のど真ん中に位置

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
皆さんは、茨城県古河市についてどのくらいご存知ですか?古河市は観光はもちろん実際に住むにもとても魅力のある街です。今回はそんな古河市の魅力を皆さんに知って頂ける為に、古河市の見所をご紹介させて頂きたいと思います。
気になるものがあったらぜひ1度古河市に観光にいらしてみください。

◎茨城県古河市について
古河市は関東平野のど真ん中に位置する、茨城県の西端に位置し埼玉県と栃木県の県境に接しています。
歴史深い街でもあり、奈良時代の「万葉集」の一首に詠われました。室町時代には、関東公方である足利成氏が本拠地を「古河公方」として古河に置き、その後約130年の間に古河は関東一円の政治の中心までになりました。また、江戸時代には古河城を中心とする日光街道の宿場町として栄え、現在は当時の面影を残す街並みや史跡、歴史的文化施設などが点在しており、歴史の散策に訪れる観光客の姿も多くみられます。
渡良瀬川の治水と利水のために渡良瀬遊水地は整備をされました。その為現在も貴重な湿地環境が保たれており、様々な生き物たちの自然の宝庫になっています。また、桃の花が満開に咲き誇る古河公方公園は、自然景観を存分に生かした公園としてユネスコの「メリナ・メルクーリ賞」を日本で初めて受賞しました。自然豊かなこの公園は市民の憩いの場となっています。
歴史と伝統の町であり、水と緑の豊かな自然の町。古河市にはたくさんの魅力が溢れています。

◎古河のみどころ
・「古河ももまつり」
古河桃まつりは、江戸時代に古河藩主である土井利勝が領地に桃を植えさせたことが由来しています。
ももまつりの会場は古河公方公園で、桃林が1面色鮮やかなピンク色で染められ、市内事業者による出店、野店、郷土物産品の販売やステージイベントなどが幅広く催されます。ももまつりの会場では、古河市の観光大使である古河桃むすめが皆さんをお出迎え・ご案内します。

◎まとめ
今回は古河についてと、古河市のみどころであるイベント「古河ももまつり」についてご紹介させて頂きました。
古河市には歴史を楽しむことができるスポットもたくさんあります。歴史に興味のある方はぜひ古河の歴史スポットを巡ってみて頂きたいです。「古河ももまつり」は古河市の魅力を存分に感じとっていただける地域ならではのイベントです。最後まで読んでいただきありがとうございました。古河市の事で不動産以外でも何かあれば栄進までお問合せ下さい。

投稿日:2022/03/16   投稿者:須田純一