他人の家の木を勝手に切るのはNG?どのように対応するべきか解説します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

他人の家の木を勝手に切るのはNG?どのように対応するべきか解説します!

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「敷地内に隣の家の木が入ってきていて非常に困っている」

このような境遇の方は多いでしょう。

そこでこの記事では法的に対応可能な方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

□勝手に人の家の木を切ってはいけない!

結論から申し上げますと、無断で他人の家の木を切ってはいけません。

これは木の枝が敷地内に侵入してきても、持ち主以外が無断で切ってはいけないと法律で定められているからです。

民法233条には主に以下のようなことが記されています。

・土地の所有者は、隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

・前項の場合において、竹木が数人の共有に属するときは、各共有者は、その枝を切り取ることができる。

つまり、隣の土地から木の枝が伸びてきていると、境界線から侵入してきている箇所を切るように所有者に請求できるというわけですね。

ここで重要なのは切るのは自分ではなく、あくまでも所有者であるという点です。

□法的に可能な対応方法とは?

ではどのように対応していくのが正解なのでしょうか。

ここでは3つのポイントをもとにオススメの対応方法をご紹介します。

*枝を勝手に切ってはいけない

先ほども申し上げたように、所有者の許可なく無断で枝を切断するのは禁じられています。

現在被っている被害の状況を事細かく説明し、あくまでもお願いという形で所有者に依頼しましょう。

*根元なら切断可能

枝は勝手に切断してはいけませんが、根っこなら勝手に切断しても良いことになっています。

しかしなぜ枝葉と根で扱いが異なるのでしょうか。

これには諸説あって、伸びた根を切り取っても木が枯れることはないが、枝葉を切り取ってしまうと木が枯れてしまう可能性が高いという説などがあります。

とにかく、根は切除しても良いですが、枝葉を切除しないように気を付けましょう。

*枝を切ってもらえない場合

現状を細かく説明しても話に折り合いがつかないケースがあります。

そんな時は裁判所の調停制度を利用できます。

これは調停員が仲介して話を進めていくシステムで、うまく合意まで達すれば所有者が枝葉を切除してくれます。

□まとめ

敷地内に伸びてきている木に対して、法的に可能な対応方法をご紹介しました。

根は切除しても問題ありませんが、枝葉は無断で切除してはいけないことをわかっていただけたでしょうか。

今回のトピックは非常にややこしいのでしっかりポイントを押さえておいてくださいね。

投稿日:2022/05/10   投稿者:須田純一