今回は解体工事についてお話していきます。 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

今回は解体工事についてお話していきます。

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
新しい住居で暮らしたいと思う方の中には、「すでにできている住宅を購入する」「デザインや間取りを考えて建ててもらう」といった方法のどちらかを主に選択されるかと思います。
自分が買った土地に家を建てるときに、住居付きの土地であれば"解体工事"が必要になってくるかと思います。
または、もともと持っている土地の物件を解体して新しく作るといったこともあげられるでしょう。
この時、家を解体するのにどのくらいの費用が掛かるのか気になるとところです。
本日は、解体工事についてお話していきます。

◎解体の費用は??
建物の大きさ・規模や構造によって解体の方法が変わるので解体費用異なってしまいますが、木造住宅を例で挙げてみると、延床面積が約30坪で一般的な総額が150万円です。
前書きにも書いてある通り、建物の構造や規模によって解体方法が変わり、解体する建物の周辺地域の施工条件によってって金額は変わってきてしまうので注意が必要です。
解体費用の大まかな相場は、木造であれば120万円~150万円で、軽量鉄骨造であれば180万円~210万円となっています。

◎リサイクル法が厳しい
住宅を解体すると必ず建物に使った木材といったものがでてしまいます。
しかし、リサイクル法が難しくなったことにより、解体によって出た廃材を細かく分別処理を行うので、一気に重機で取り壊すことが不可能になってしまいました。
分別を行うためには、重機を使うところと手作業によって行う場所が多くなるので、解体作業にかかわる人が多くなるため人件費の比重多多くなります。
・手作業で行う工事
建設設備や内装材、屋上設備、ベランダ、屋根茸材などの”撤去作業”を行うには手作業で一つずつ集めていきます。
・機械作業で行う工事
外装材や上部構造部、建物の基礎となっている部分などを”解体”
ほとんどの作業は手作業で行っており、機械を使用するのは建物そのものを崩す時かと思います。
解体工事と聞くと、重機で激しく壊していくというイメージとは全く異なりますよね。

◎まとめ
本日は、「解体工事」についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
解体工事といっても行っていることは”分別作業”です。
これは、ゴミ問題を本格的に取り組むためにリサイクル法が変わったため、何も考えずに物を廃棄することはできなくなったのです。
建物の設備を撤去する作業はほとんどが手作業なので人件費もかかってします。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2022/04/14   投稿者:須田純一