相続手続きに期限はあるのか?期限が決められていないものについても解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

相続手続きに期限はあるのか?期限が決められていないものについても解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「相続の手続きに期限はあるのだろうか」

「期限が決められていない手続きについても知りたい」

このようにお考えの方は多いでしょう。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

□期限のある相続手続きについて

期限のある相続の手続きとはどのようなものなのでしょうか。

1つ目は、相続放棄です。

これは、相続開始を知った翌日から3か月以内が期限です。

相続放棄は、マイナスの財産が多い場合などに、相続をすべて破棄できるというシステムです。

2つ目は、限定承認です。

こちらも同じく3か月以内です。

3つ目は、準確定申告です。

これは、4か月以内です。

相続人が、故人の代わりに亡くなった年の所得税の確定申告を行うことを指します。

まずは、確定申告が必要なのかどうかを確認することが大切です。

4つ目は、相続税の申告と納付です。

こちらは10か月以内です。

期限までに完了させないと、延滞税がかかってしまったり、税金の軽減制度を利用できなくなってしまったりといったデメリットが発生します。

5つ目は、遺留分侵害額請求です。

これは、相続の開始から1年以内が期限です。

6つ目は、死亡保険金の請求です。

こちらは3年であることが多いですが、一部の生命保険会社では期限が異なることがあるため、しっかりと確認しましょう。

7つ目は、相続税の還付請求です。

期限は、原則5年10か月以内です。

以上が、期限がある相続手続きについてでした。

□期限が決められていない手続きについて

ここまで、期限がある手続きについて解説しました。

続いては、期限が決められていないものについて解説します。

1つ目は、遺産分割協議です。

法律上の期限はありません。

2つ目は、預貯金などの解約や名義変更です。

相続が開始されてもすぐに手続きをする必要はありませんが、10年以上口座を使用しないと、休眠口座となってしまうため注意しましょう。

3つ目は、不動産の相続登記です。

こちらも現時点では期限は定められていません。

しかし、2024年までに、「3年以内に相続登記をしなかった場合10万円以下の過料が課される」という法案が施行される予定であるため、注意しておきましょう。

以上が、期限が決められていないものについてでした。

□まとめ

今回は、相続の手続きに期限はあるのかとお悩みの方に向けて、期限についてご紹介しました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、相続手続きを行ってくださいね。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2022/03/20   投稿者:須田純一