相続したらまずやることとは?注意点についても解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

相続したらまずやることとは?注意点についても解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「相続をした際にまずやることはなんだろう」

「相続の際の注意点について知りたい」

このようにお考えの方は多いでしょう。

今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

□相続が発生したらまずやることについて

相続が発生した際、まずやるべきことは何なのでしょうか。

相続が発生してからしばらくは、悲しみと慌ただしい日々を過ごすことになると思います。

しかし、相続には期限が定められています。

相続税の申告と納税は、被相続人が亡くなったことを知った日から10か月以内に行う必要があります。

また、相続放棄をする際には、3か月以内に行う必要があります。

相続に関してやることは以下の通りです。

1つ目は、財産のリストを作ることです。

財産をリスト化して明確にしておきましょう。

プラスの財産だけでなく、マイナスの財産についても考えましょう。

2つ目は、準確定申告を行うことです。

これは、4か月以内に行う必要があります。

3つ目は、遺言書があるかどうかを確認することです。

これは、できるだけ早く行いましょう。

4つ目は、相続人の調査と確認です。

こちらは、財産リストの作成と同時進行で、3か月以内に行いましょう。

5つ目は、遺産分割協議です。

遺言書がない場合や、あっても使用しないという場合には、協議が必要です。

6つ目は、相続財産の名義変更です。

特に期限はありませんが、放置してしまうと不動産売却ができなくなるなどのデメリットが生じます。

7つ目は、相続税の申告と納税です。

冒頭で説明した通り、10か月以内に行う必要があります。

以上が、やることについてでした。

□相続の際の注意点について

ここまで、やるべきことについて解説しました。

続いては、注意点について解説します。

ありがちなミスは、亡くなったことを銀行に知られる前に故人の預金を無断で引き出してしまうという行為です。

もしこの行為が横領行為であるという疑いをかけられてしまった場合、不当利得、不法行為とみなされることがあります。

そのため、相続の手続きがすべて完了するまでは、亡くなった方の財産にはむやみに手をつけないことをおすすめします。

以上が、注意点についてでした。

□まとめ

今回は、相続したらまずやることについて知りたいという方に向けて、役に立つ情報をお届けしました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、相続について理解を深めてくださいね。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2022/03/17   投稿者:須田純一