土地を相続したらなにをするべきかについて解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

土地を相続したらなにをするべきかについて解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「土地を相続したらなにをするべきなのか」

「相続税について知りたい」

このようにお考えの方は多いでしょう。

今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

ぜひ参考にしてくださいね。

□土地を相続したらやるべきことについて

土地を相続したらやるべきこととは何なのでしょうか。

1つ目は、名義変更です。

これは、土地の名義を変更するというものです。

必ずしなければならないものではありませんが、名義変更を先延ばしにしているとデメリットやトラブルがあるため早めに行うことをおすすめします。

2つ目は、相続税申告です。

これは、3600万円以上の財産を相続した場合に必要な手続きです。

手続きが必要なのかどうか、しっかりとチェックする必要があります。

3つ目は、準確定申告です。

これは、亡くなった方が収益を得ていた土地を相続した際の手続きです。

具体的には、貸アパートや駐車場などが挙げられます。

以上が、やるべきことについてでした。

□相続税とは

ここまで、やるべきことについて解説しました。

続いては、相続税について解説します。

相続税というのは、財産を相続する際に課税される税金のことを指します。

具体的には、相続した財産が一定の金額を超える場合に、超えてしまった部分の財産に対して適用されます。

相続税には申告期限があります。

被相続人の死亡を知った翌日から10か月以内に申告をしましょう。

相続手続きの流れは以下の通りです。

1つ目は、相続人の確認です。

2つ目は、遺言書の有無の確認です。

3つ目は、遺産と債務の確認です。

4つ目は、遺産の評価です。

5つ目は、遺産の分割です。

6つ目は、申告と納税です。

以上が、手続きの流れです。

イメージが湧いたでしょうか。

計算の流れは以下の通りです。

1つ目は、各相続人の課税価格を計算することです。

2つ目は、課税価格から葬儀の費用や借入金を引くことです。

3つ目は、基礎控除額を引くことです。

4つ目は、相続税の総額を計算することです。

5つ目は、各相続人の相続税額の計算をすることです。

これが相続税の計算の流れとなります。

以上が、相続税についてでした。

□まとめ

今回は、土地を相続したらなにをするべきかお考えの方に向けて、やるべきことや相続税について解説しました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、相続の手続きを行いましょう。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2022/03/13   投稿者:須田純一