アパート経営が相続税対策になるしくみや注意点を解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

アパート経営が相続税対策になるしくみや注意点を解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「アパートの経営が相続税対策になる仕組みについて知りたい」

「注意点について知りたい」

このようにお考えの方は多いでしょう。

今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

□相続税対策になるしくみについて

アパートを経営することがなぜ相続税対策に繋がるのでしょうか。

相続税は、貸している割合で安くなります。

土地や建物を貸していると、売却したいと思っても、買おうとする人は借りている人の存在によってその土地や建物を自由に使えませんよね。

これは、その土地や建物の評価額が低くなってしまうということを示しています。

相続税法において、どの程度評価を減らすかについては、借地権割合や借家権割合を用いて評価減を行っています。

また、小規模宅地等の特例でも安くなります。

さらに、ローンを建てることによってより安くなるのです。

以上が、しくみについてでした。

□相続税対策としてのアパート経営の注意点について

ここまで、相続税対策になる理由について解説しました。

しかし、アパートを経営するうえでは知っておくべき注意点がたくさんあります。

1つ目は、事業であることを意識するということです。

空室が多く家賃収入が得られなくなると、ローンの返済だけが残ってしまいます。

そうなると、せっかく相続税を抑えられても破綻してしまいますよね。

2つ目は、実質利回りを計算することです。

実質利回りが下がっていないかどうか、定期的に確認することが大切です。

ここには修繕費用や諸経費が含まれますが、築年数が増えることによって、この割合も増えていくため、気を付けましょう。

3つ目は、収入を得ることによって発生する住民税や所得税の負担についても考えることです。

得られる家賃収入があまりにも大きくなりすぎてしまうと、税金の負担も増えてしまいますよね。

そのため、収入が増えれば増えるほど良いとは限りません。

あくまで相続税の負担を減らすことが目的であるということを忘れずに、アパート経営を行う必要があります。

以上が、注意点についてでした。

□まとめ

今回は、相続税対策にアパート経営をお考えの方に向けて、対策になるしくみについて、また、注意点について解説しました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、アパート経営を行ってくださいね。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2022/03/10   投稿者:須田純一