土地の相続税をかからないようにするにはどうすれば良いのかについて解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

土地の相続税をかからないようにするにはどうすれば良いのかについて解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「土地の相続税がかからない条件とはなんだろう」

「かからないようにするにはどうすれば良いのだろう」

このようにお考えの方は多いでしょう。

今回は、相続税がかからない条件について、また、相続税発生後でも間に合う対策方法について解説します。

□土地の相続税がかからない条件について

土地の相続税を抑えられるケースとはどのようなものなのでしょうか。

1つ目は、小規模宅地等の特例です。

土地が自宅として使用されていれば、その土地を同居の子供や配偶者が相続した際に、評価額を8割下げられます。

これは、小規模宅地の特例と呼ばれます。

適用できる敷地には上限があるため、注意が必要です。

更地や別荘の敷地にも適用はされません。

2つ目は、配偶者の税額軽減の特例です。

配偶者の法定相続分相当額まで、もしくは、正味の遺産総額1億6000万円までのどちらか大きいほうの金額までは相続税が免除されるという、重要な制度です。

大きな額の財産を残して亡くなってしまった場合に、配偶者に多くの相続税がかかってしまうという事態を防ぐためです。

3つ目は、未成年控除です。

相続人が未成年の場合に適用されます。

20歳になるまでの年数に10万円を乗じた額が控除されます。

4つ目は、障害者控除です。

一般障害者の場合には、85歳になるまでの年数に10万円をかけたもの、特別障害者の場合には、20万円をかけたものが控除されます。

5つ目は、相次相続控除です。

これは、例えば、父が亡くなって相続税が発生した後10年以内に、遺産相続をした母が亡くなってしまい、再度相続が発生した場合の控除です。

最初の相続で納めた税の一部を、次に発生した相続税から控除できるという仕組みです。

以上が、相続税がかからないケースについてでした。

□相続発生後の税金対策について

ここまで、相続税がかからない条件について解説しました。

しかし、相続税がかかってしまってからでは遅いという訳ではありません。

葬儀関連の費用は相続税から控除できるということを覚えておきましょう。

相続税が発生してからでも遅くありません。

そのため、葬儀にかかった費用はしっかりと把握しておき、領収書を捨てないでおくと良いでしょう。

領収書を手に入れることが難しい場合には、ノートなどにメモをしておくと良いですね。

以上が、税金対策についてでした。

□まとめ

今回は、土地の相続税がかからないようにするにはどうすれば良いのかについて解説しました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、相続税を節約しましょう。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2022/03/06   投稿者:須田純一