遠方の実家を相続したらどうするべきかについて解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

遠方の実家を相続したらどうするべきかについて解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「遠方の実家の相続は場合にどうすれば良いのか」

「遠方の住宅を維持するためにかかる費用について知りたい」

このようにお考えの方は多いでしょう。

今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

□実家はどうするべきか

実家の相続についてお悩みの方は多いでしょう。

毎年かかる税金を考慮してみましょう。

1つ目の方法は、売却することです。

建物を解体するもしくはそのままで売却しましょう。

毎年維持修繕費や固定資産税や都市計画税、ライフラインの基本料金がかかってしまうということを考えると、少しでも値段が付く間に売却してしまうのが良いでしょう。

2つ目の方法は、賃家として利用することです。

そのままの状態でも良いですし、必要であればリノベーションを行っても良いでしょう。

賃貸需要の高い立地であれば、その地域の相場家賃で貸し出しを行いましょう。

立地が悪い場合には、住める最低限の状態で格安で貸し出してみましょう。

入居者がいることで、固定資産税の特例から除外されるというリスクを避けられます。

3つ目は、解体して戸建て賃貸やテラスハウスの建設を行うことです。

将来的には、収益物件ではなく住宅として売ることも視野に入れて計画を立てると良いでしょう。

以上が、実家をどうするべきかについてでした。

□遠方の住宅を維持するのにかかる費用について

ここまで、実家をどうするべきかについて解説しました。

続いては、遠方の住宅を維持するためにはどのような費用がかかるのかについて解説します。

住んでいない家を維持するというのは現実的とはいえないでしょう。

自身で遠方の家を管理するのは交通費もかかりますし、頻繁にはいけませんよね。

メンテナンスは人に頼むこととなるでしょう。

その場合は、月に約1万円の費用がかかります。

住宅の近くに身内がいらっしゃるのであれば管理を頼めるかもしれませんが、それでも毎年固定資産税などがかかってしまいます。

かといって放置してしまうと、特定空き家になってしまい厄介です。

そのため、遠方の住宅を維持し続けるというのは現実的ではないといえるのです。

以上が、費用についてでした。

□まとめ

今回は、遠方の実家の相続についてお悩みの方に向けて、実家をどうするべきかについて、また、維持費用について解説しました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、実家の管理を行ってくださいね。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2022/02/27   投稿者:須田純一