令和3年度税制改正では住宅ローン控除が延長 | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

令和3年度税制改正では住宅ローン控除が延長

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
新築一戸建ての購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?マイホームを住宅ローンで購入する方で、住宅ローン控除という制度の利用を考えている方は多くいらっしゃいます。この「住宅ローン控除」の控除期間が2022年(令和4年)の12月31日まで延長された事をご存知でしょうか。今回はこの住宅ローン控除についてお話させて頂きたいと思います。

◎住宅ローン控除期間 が「10年」から「13年」に延長

消費税率が10%に引き上げされた事に伴って政府の住宅取得対策により、住宅ローンの控除を受ける事が出来る期間が、10年間からさらに3年間延長されて13年間になります。今後マイホームの購入を検討されている方にとっては見逃せないニュースですよね。減税の期間が3年間延長されるということは、節税期間がその分延びるということになりますよね。なので、より高いメリットを期待できるという方もいらっしゃるのではないのでしょうか。住宅ローン控除の期間が延長されることによって節税効果を効率よく得るためにも、事前に住宅ローン控除制度の適応条件や仕組をしっかりと把握し、購入手続を行いましょう。

◎住宅ローン減税で税金はいくら戻ってくる?

住宅ローン減税は、控除期間の間毎年末の住宅ローン残高の1%を所得税から控除されるといった仕組みです。控除期間は、消費税の適用税率および居住開始期により次のようになります。居住開始時期が2022年12月31日の場合最大控除期間13年(1~10年目まで年末ローン残高の1%)最大40万円
11~13年目までは「建物価格×2%から3を割る、または年末ローン残高の1パーセントどちらかの低い金額となります。

◎まとめ

今回は住宅ローン減税の控除期間が延長されたこと、住宅ローン減税で税金がどのくらい戻ってくるのかについてお話させて頂きました。住宅購入は大きな金額となりますので、控除は出来るだけ利用したいところですよね。これから住宅の購入を検討されている方にとってはとても重要なポイントになって来るかと思います。制度の適応条件や仕組みを事前にしっかりと調べた上で購入手続きを行いましょう。栄進では古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

投稿日:2021/11/08   投稿者:須田純一