「適合リノベーション住宅」って? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

「適合リノベーション住宅」って?

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
中古住宅をお探しの方で“リノベーション”という言葉を耳にしたこと上がる方はいらっしゃるでしょうか?
中古住宅の強みは、リーズナブルな価格に加え場所や部屋の種類などの選択肢が豊富な点です。
しかし、やはり妥協ができない部分もあり新築の物件を購入する方もいらっしゃいます。
そのような方に何故中古の物件では購入できなかったのかを聞いてみると、多くの人は「アフターサービス」「修繕等の履歴情報」に十分納得がいかなかったと答えました。
確かに、住み始めてから水回りのトラブルを対応してくれるのかどうか不安になってしまい、購入とまでいかないようです。
これらの不安を払拭するのが、「適合リノベーション住宅」です。
本日は、「適合リノベーション住宅」について掘り下げていきたいと思います。

◎適合リノベーション住宅とは?
リノベーション住宅推進協議会によって規定された基準を満たしている住宅を「適合リノベーション住宅」と呼び、現状を回復するためのリフォームに加え、統一された基準に従いながら検査等が行われ、購入後の保証並びに住宅履歴情報が提示されます。
検査内容としては、給水管を通常の1.5倍ほどの水圧をかけて水漏れがないかを見たり、洗濯機置き場の洗濯パンやキッチンのシンク下・浴槽といった部分の排水管が水漏れや逆流はないかを検査します。
さらに、給湯管や電気配線・分電盤、情報系配線、地下検査、換気整備と様々な項目があります。
それぞれのリノベーション会社が行った検査で、これらすべての項目をクリアできた住宅のみが「適合」判断されます。
不具合があった場合は、規定を満たすようにしっかりと修繕を行います。

◎本当に信用できるのか
「適合リノベーション住宅」と認定されるまでには、細かい基準が決められており、これらの基準を満たさない場合は工事を行い、再度「竣工検査」を行い確認をします。
これらの一連の流れがあるので品質は確保されるといってもいいでしょう。
今までの話を聞く限りだと、その他の中古住宅で検査していない物件はとても危ないと思ってしまうかもしれません。
一般の中古住宅の場合、既存住宅保証制度等を利用していなければ検査や保証を受けることはないので、中には「おや?」と不安になってしまう物件もあります。
それらの物件を避ける対策としては、極端に安価であったり、何年も売れていない物件はやめましょう。

◎金額や保証は?
細かい検査や工事が行われている物件なので高額なのでは?と疑問に思うかと思いますが、普通の中古住宅を購入し、欠陥を発見する度に修繕を行う場合は修繕金や大規模な工事となった時の仮住まい費用が必要です。
これらと比べると、リノベーションされた物件であれば後に工事する必要もありません。
工事費用もすべて販売価格へ含まれているので後からまたお金を用意する手間も省けます。
保証に関しては、リノベーション工事を行わなかった非工事部分も検査をし、工事された部分と同様に最低2年間保証してくれます。
不安なことを相談できるアフターサービス対応窓口もあるので、万が一のトラブルが発生しても安心です。

◎まとめ
本日は、「適合リノベーション住宅」とは?についてお話させていただきましたが、いかがでしたでようか?
リノベーション住宅推進協議会によって細かく規定された基準をすべてクリアした中古住宅を「適合リノベーション住宅」といいます。
基準を満たさなかった部分も工事を行い、より品質が良いものとなっています。
住宅を購入後に自らリフォーム会社を探して依頼する必要もなく、アフターフォーローも充実しています。
「適合リノベーション住宅」も一つの選択肢に入れてみてもよいかもしれませんね。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2022/01/14   投稿者:須田純一