離婚による売却方法は? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

離婚による売却方法は?

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
それぞれ別の道に進むため離婚を決意した際に、財産分与をするために不動産を売却することになりました。
その場合、任意売却をしなければなりませんが、そのやり方で本当に売却していいのか不安になるかと思いいます。離婚による売却方法はいくつかあります。

◎任意売却の内容
住宅ローンが未完済で、残債が不動産の売却額よりも大きく売却金だけでは完済できなことを”オーバーローン”と言います。
このオーバーローンの状態も売却してしまう方法を”任意売却”と呼びます。
オーバーローンとなってしまったとしても、貯金等で一括完済できるのであれば、普通に仲介売却を行うことが可能になりますが、そうでない場合は任意売却となります。
任意売却の場合、住宅ローンの完済が不可能で約束を守れないことを示すので、自分の意志で任意売却は行えず銀行等の合意を得る必要があります。
この時、お金を借りたが返せなくなった”債務者”は銀行などの”債権者”からすると、返済を怠る金融事故を起こした人と認識をし、ある一定の期間中はローンを組んだりクレジットカードの更新が不可能になります。

◎離婚による売却方法の選びかた
上記でお話した通り、”オーバーローン”となった時に”任意売却”を行います。
アンダーローンであれば任意売却をせずに、仲介による売却を行うことが可能です。
夫婦で購入する場合、連帯債務やペアローン、連帯保証人を利用して購入することがありますが、これらは離婚したとしても完済しない限り解消されません。
もし、早く金融上の関係も解消したいのであれば任意売却を行う必要があるかと思います。
現在、オーバーローンなので必ず任意売却をしなければならないという事はありません。
離婚後もお互いに返済を行い、オーバーローンからアンダーローンになるまで待ってから仲介で売却を行うことも可能です。
物件の価格は土地価格も含まれているため、何年経っても価値がなくなることはありませんが、住宅ローンはいつか必ず完済してゼロ円となる時が来ます。
つまり、オーバーローンは時間が解決してくれると言っても過言ではありません。
もし、お互いに合意が得られるのであれば離婚後も二人で住宅ローンを完済していき、売却価格がローン残高を上回ったタイミングで仲介で売却するという方法があります。

◎まとめ
本日は、離婚によって不動産を売却する方法について簡単にお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
連帯債務やペアローン等により金融上の関係あることに加えて、オーバーローンにより早期にその関係を解消したい場合は、任意売却をするしか方法はありません。
確かにオーバーローンであるならば”任意売却”を行うのですが、離婚後も二人でローンの返済をしていくのであれば、アンダーローンになるまで返済を続けていき、仲介で売却を行う方法があります。
この方法が利用できる理由は、財産分与による売却であるからで、何か月も支払いを滞納しているわけではないからです。
また、アンダーロンであれば当然任意売却をする必要は無く、仲介で売却をすることができます。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2022/01/09   投稿者:須田純一