中古マンションの住宅ローンについて | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

中古マンションの住宅ローンについて

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
前回の記事では、中古マンションの住宅ローンについてお話させて頂きました。そこで、中古マンションには住宅ローン
が通りにくいものもあるという事をご説明させて頂きましたが、今回は具体的にどのような要因があげられるのかお話さ
せて頂きたいと思います。中古マンションの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

◎住宅ローンが通りにくい中古マンションの特徴とは

前回の記事でご紹介させて頂いた「旧耐震基準」の建物の他にも住宅ローンが通りにくくなってしまう要因は存在しま
す。ここでは、その要因を1つづつ解説していきます。

・「再建築不可の物件」
再建築不可物件とは、火事や地震などで住宅を消失してしまった場合に、新しく建物を建てることが出来ない物件の事を
いいます。再建築ができない為、もし住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、消失してしまった住宅の残りのロー
ンの返済と、新居の家賃負担で生活が苦しくなってしまう可能性が出てきます。このような「大きなリスクのある物件」
に対しては、金融機関は融資を行うことはありません。ですので、建ぺい率や接道義務など、建築基準法の基準に達して
いない再建築不可の物件を購入する際には、住宅ローンの利用は出来ないという事を考えておきましょう。
・「借地権付きの物件」
「借地権付き物件」とは、他者の土地を借りて住宅を建てている物件の事をいいます。借地権付きの物件で、土地を担保
にして住宅ローンを借りるというような場合には、土地提供者の許可を得らなければなりません。
住宅ローンを借入した人が、何らかの理由により返済が困難になってしまった場合に金融機関は物件を売って返済費用に
当てなければなりません。ですが、借地付き物件の場合は担保価格が低いので安くしか売却出来なかったり、売却自体出
来ないケースもあります。このような理由で、借地権付きの物件で住宅ローンを利用するのは難しい事となるのでもし検
討されている方は、まずは金融機関に相談してみましょう。

◎まとめ

今回は、住宅ローンが利用出来ない中古マンションの特徴についてお話させて頂きました。住宅を購入する際ほとんどの
方が住宅ローンを利用するかと思います。住宅ローンが利用出来ない物件もあるという事を事前によく把握しておきま
しょう。栄進では、マンションの売却、購入もサポートさせて頂いております。気になる物件や、何かご質問などあれば
いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。最後までお読み頂きありがとうございました。

投稿日:2021/10/13   投稿者:須田純一