台風で家が倒壊するときの被害事例とは!事前にできる対処法も解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業59年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

台風で家が倒壊するときの被害事例とは!事前にできる対処法も解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「台風で家が倒壊するときの被害事例について知りたい」

「事前の対策方法について知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

台風の際に怖いのが、家の倒壊ですよね。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

□台風の被害事例について

皆さんは、台風による家の被害事例についてどこまでご存じでしょうか。

大きな台風によって家に被害を受けてしまったことがあるという方は、イメージが湧くかもしれません。

ぜひこの機会にあらためて、起こりうる被害の事例について整理しておきましょう。

1つ目は、風で飛んできたものが家に当たって破損することです。

外壁などはこのような理由で破損することが多いです。

どこからやってくるのか分からないので怖いですよね。

家の屋根などが飛んで誰かの家を傷つけてしまわないよう、定期的なメンテナンスを行うことが大切です。

2つ目は、劣化部分からの雨漏りです。

こちらも日ごろのメンテナンスが重要です。

劣化していないかチェックを行いましょう。

3つ目は、雨による浸水被害です。

地域のハザードマップを確認し、浸水を想定しながら避難経路を確認しましょう。

たとえ1メートルの浸水であっても、交通手段が遮断されてしまう可能性があるため、浸水への危機意識を高めることが大切です。

以上が、被害事例についてでした。

□事前にできる対処法について

ここまで、被害事例について解説しました。

理解が深まったのではないでしょうか。

しかし、このような被害はできるだけ事前に防ぎたいですよね。

そこで続いては、事前にできる対策についてご紹介します。

1つ目は、事前に家の屋根を点検し、異常があった場合には補強することです。

木造建ての家の屋根は外れやすく瓦が飛びやすくなっている可能性があります。

必ず点検を行いましょう。

2つ目は、大雨による浸水を防ぐため、簡易土のうを作ることです。

こちらはホームセンターでも購入できます。

このときのコツとしては、開口部を中心に行うことです。

ガレージや入り口などに対策しましょう。

3つ目は、雨戸やシャッターを設置することです。

ガラスの割れ対策として飛散防止フィルムを張っておくのもよいでしょう。

4つ目は、ベランダなど外に置いてあるものは家の中に入れることです。

これらが飛ばされてしまうと近隣の家に損害を与えてしまう可能性が高くなります。

物干しざおなども家の中に入れ、家の周囲を綺麗にしておきましょう。

以上が、対処法についてでした。

□まとめ

今回は、台風で家が倒壊するときの被害事例について知りたいという方に向けて、疑問を解決する情報をお届けしました。

また、事前の対処法についても知れたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、台風による家の倒壊を事前に防いでくださいね。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/10/08   投稿者:-