空き家へのクレームにはどのようなものがある?事例を詳しくご紹介! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

空き家へのクレームにはどのようなものがある?事例を詳しくご紹介!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「空き家のクレームにはどのようなものがあるのか例を知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

空き家のクレームにはどのようなものがあるのか知っておくことで、トラブルを未然に防げますよね。

そこで今回は、クレームの例についてご紹介します。

□空き家のクレームの例について

皆さんは、空き家へのクレームにはどのようなものがあるとお考えですか。

近くに空き家がないという方や、空き家の管理経験がない方は、あまりイメージが湧かないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでまずは、クレームの例についてご紹介します。

1つ目は、庭の木の枝によって街灯が暗くなってしまうというクレームです。

2つ目は、木の葉や枝が散乱しているため、火をつけられそうで怖いというクレームです。

3つ目は、雑草がひどいというものです。

以上が、クレームの例についてでした。

ここで押さえておきたいのは、感じ方には個人差があるということです。

実は、これらのクレームを聞きつけて実際に現地に行ってみると、そこまでではないというケースもあります。

感じ方やどれだけ神経質なのかについては、個人差があります。

自分では大したことはないと思っているようなことでも、他の人にとっては大きな苦痛となっている場合があります。

クレームを受けた際には、自分目線で判断するのではなく、苦痛であると感じている人の気持ちも尊重し、トラブルをなくしていけると良いですね。

□管理していてもクレームが来ることもある

ここまで、クレームの例についてご紹介しました。

理解が深まったのではないでしょうか。

また、空き家の管理をしっかりとしていれば、クレームは完全に防げると感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、管理を徹底していてもクレームが来てしまい、解体を決意したという例もあります。

ある方は、近隣からのクレームが多く、専門業者へ相談し、空き家管理の徹底を行いました。

しかし、管理開始後もクレームは止みませんでした。

結果、所有者はストレスを感じてしまい、解体するという決断をしました。

上記でも解説したように、人によって感じ方には差があります。

どのような対策を行っても、クレームを絶対になくせる保証はありません。

クレームが来ることも想定し、どのように対応していくのかについて考えていきましょう。

□まとめ

今回は、空き家のクレームの例について知りたい方に向けて、役に立つ情報をお届けしました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、クレームができるだけ来ないよう、空き家の管理を行ってみてくださいね。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/12/26   投稿者:須田純一