空き家の放火の件数はどれくらい?放火されやすい空き家の特徴と対処法も解説! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

空き家の放火の件数はどれくらい?放火されやすい空き家の特徴と対処法も解説!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「空き家の放火の件数はどれくらいなのだろうか」

「放火されやすい空き家の条件や対処法について知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

放火されないようにしたいですよね。

今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

□放火の件数について

皆さんは、空き家の放火の件数はどれくらいであるとお考えですか。

予想がつかないという方も多いのではないでしょうか。

そこでまずは、放火の件数について解説します。

そもそも、火事の件数はどれくらいなのでしょうか。

もちろん年にもよりますが、総出火件数は約4万件ほどです。

これらの火事の出火原因として最も多いのは、放火です。

放火だけで5000件以上にのぼり、これは総出火件数の12パーセントほどに当たります。

また、放火の疑いとなっているものも3000件ほどあるため、これらを合計すると全体の19パーセントほどになります。

放火や放火の疑いが強い出火は、人口が集中している場所で特に多い傾向にあります。

以上が、放火の件数についてでした。

□放火されやすい空き家の条件と対処法について

ここまで、放火の件数について解説しました。

理解が深まったのではないでしょうか。

そこで続いては、ターゲットにされやすい空き家の特徴とその対処法について解説します。

こちらも併せてチェックし、放火されない空き家を保ちましょう。

1つ目は、人の気配が全く感じられないことです。

ポストに郵便物が溜まっていたり、施錠されていなかったりすると、人が住んでいないと簡単に判断され、放火の対象となります。

対処法は、定期的にポストの中身を回収したり施錠を確認したり庭の草をむしったりしておくことです。

人が出入りしている気配を感じさせることが重要です。

2つ目は、燃えやすい状況がそろっていることです。

放置されている空き家は、不法投棄されたごみや溜まった枯葉など、燃えやすい材料がそろっているため放火の対象となりやすいです。

対処法は、除草やごみの清掃を定期的に行うことです。

清潔ですっきりとした環境にしておくことで、放火されるリスクを減らせます。

以上が、条件と対処法についてでした。

□まとめ

今回は、空き家の放火の件数について知りたい方に向けて、件数について、また、放火されやすい空き家の条件や対処法を解説しました。

当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。

今回の情報を活用し、狙われにくい状態にしておきましょう。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/12/22   投稿者:須田純一