マンションと持ち家の維持費の比較や特徴をご紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

マンションと持ち家の維持費の比較や特徴をご紹介します!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

マンションと持ち家で購入後にかかる費用は変わります。

維持費の内容に関して把握しておくことは節約するために大切です。

そこで今回は、マンションと持ち家で変わる維持費の内容とそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。

□マンションと持ち家の維持費の違いをご紹介!

マンションと持ち家では維持するためにかかる費用が変わります。

ここではマンションと持ち家での維持費の違いを4つに分けて説明します。

1つ目は固定資産税の違いです。

マンションの固定資産税は持ち家と比べて高くなる傾向があります。

これは作られている素材が鉄筋コンクリートであるためです。

鉄筋コンクリートの場合、資産価値が木造の持ち家よりも高いと判断されます。

2つ目は保険料の違いです。

マンションに使用される鉄筋コンクリートは防火性が高いため、火災保険料はマンションの方が安いです。

10年単位で保険料を比べると持ち家が10万円ほどかかるのに対してマンションは2万円ほどで済みます。

3つ目は修繕や管理費の違いです。

持ち家の場合、管理費や修繕積立金を毎月管理人やオーナーに支払わなくて良いです。

ただし修理が必要な際にはすべて自己負担となるため、計画的に貯蓄する必要があります。

一方、マンションでは毎月管理費や修繕積立金を支払う必要があります。

相場は月々2万円ほどで、支払う費用を長期的に見るとマンションの方が高くなる傾向があります。

また、マンションは住宅ローンを完済した後にも引き続き管理費や修繕積立金の支払いが必要です。

□マンション維持費のメリットとデメリットをご紹介!

ここではマンションを保有することのメリットとデメリットを説明します。

まず、持ち家と比べた際のメリットとして管理や修繕に手間がかからないことが挙げられます。

持ち家の場合は、建物の劣化や損傷した箇所をすべて自分で修理する必要があります。

しかしマンションであれば管理会社に修理を任せられるため、修理会社をわざわざ探す必要がありません。

また、日頃のメンテナンスや清掃も管理会社が行ってくれるため、面倒な作業も軽減されます。

次に持ち家と比べた際のデメリットとして多くの維持費がかかることが挙げられます。

管理をオーナーに任せられるため、一見すると維持費を抑えられるように感じますが、長期的に考えると維持費が高くなる傾向があります。

月々に支払う管理費や修繕積立金を考慮すると持ち家に比べて損をすることが多いです。

□まとめ

今回はマンションと持ち家の維持費に関する違いやメリットとデメリットについてご紹介しました。

それぞれの特徴を踏まえた上で、自分たちのライフスタイルに合った方を選択するようにしましょう。

今回の内容を維持費を見直す際に役立てていただければ幸いです。

投稿日:2021/12/03   投稿者:須田純一