”買付証明書”とは? | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

”買付証明書”とは?

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
中古住宅を購入する時に、気に入った物件があった場合は不動産業者を仲介して売主へ”買付証明書”を提出をします。
もし、買付証明書を売主へ提出した人があなた一人であった場合、大方購入手続きへ進むことができます。
売主へ証明書を提出した人が、あなたの他に数人いたらどうなるのでしょうか?
優先順位で購入できるかが決まってしまうのでしょうか、それとも売主が誰にするかを決めるのでしょうか。
売主と買主のそれぞれに不動産会社の担当者と一緒に売却・購入のお手伝いをしてくれるのですが、買主側の不動産業者の方に物件を購入するのであれば早く買付証明書を提出した方が良いと言われ、一番目に提出したのに購入することが出来なかったといった事例があります。

今から例を出すので、あなたが不動産業者であったらどの買付証明書を優先するか選んでみてください。
販売価格を2500万円とします。
・1人目
値引き交渉なしで販売価格の全額を支払う予定で、資金としては住宅ローンと他のローンを併用し、初めて住宅ローン審査を受けることになります。
・2人目
販売価格から100万円ほど値引き交渉の旨を記載した買付証明書を提出し、資金としては、住宅ローンを利用する予定ではああるが、別の物件でも住宅ローンを利用しているので購入するにあたり新たに審査を受けることになる。
・3人目
販売価格から50万円ほど値引き交渉を旨を記載した買付証明書を提出し、資金としては2450万円を自己負担する予定である。

このように3人から申し出があり、この3人の中から誰に売るかを決めます。
あなた誰に売りたいと思いますか?

◎決め方はそれぞれ
”買付証明書”の優先順位には明確なルールがなく、不動産業者によって判断は異なります。
買付証明書を提出した順番で決めるのか、売主にとって最もよい条件で購入してくれる人を優先するのか、すべての買付証明書を売主へ見せて判断してもらうのか決め方はたくさんあります。
つまり、一番初めに出したからと言って必ず購入できるとは限らないのです。
事例の様に、認識の不一致によるトラブルをなくすために買主側の不動産業者が売主側の不動産業者の考え方を確認しておく必要があります。
また、住宅ローンの申請が通るか通らないかで物件を購入できるかできないかが決まり、売主としては不安要因の一つです。
早めに事前審査を受けておき、融資の承認が下りた状態で買付証明書を提出しておくと、売主としても安心して取引できるお客様と思ってくれるかと思います。

◎まとめ
本日は、”買付証明書”をの優先度合いについて簡単にお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
売主へ「こちらの物件を購入したいです。」といった内容を記載して”買付証明書”を提出してから、売買契約をするかしないかが決まります。
一番初めに買付証明書を提出したからといって、購入できる訳ではなく、購入してくれる条件がいい人を優先する可能性もあります。
事前に住宅ローンの申請を受けて置いたり、担当者の間でどのように決めるのか確認をしてもらうと良いかと思います。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/11/28   投稿者:須田純一