”建売住宅”と”売建住宅” | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

”建売住宅”と”売建住宅”

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
マイホームを購入したいと思った時、一戸建てにするかマンションにするかはある程度決まっているかと思います。
そこから悩むのが、一戸建てにせよマンションにせよ中古にするか新築にするかかと思います。
中古だと前に誰かが暮らしていたので、綺麗ではないかもしれない、新築だと予算オーバーになってしまうかもしれないと悩む要素はたくさんあります。
しかし、新築戸建てにしようと決めた際に”建売住宅”と”売建住宅”という選択肢もあることを忘れないようにしましょう!
当社では新築の建売住宅を扱っております。

◎住宅の種類
”建売住宅”とは、既に土地へ建物が建っている状態で販売されている、あるいは建築途中であるが販売されている新築一戸建ての住宅を指します。
皆さんも、外を歩いていると空き地だった場所に新しく家を立てており、その前に如何にも入居者を募集している広告を見たことがあるかもしれませんが、それが建売住宅です。
土地と建物がセットになって販売されており、建築済みもしくは建築途中なので実際に建物を見る事が出来ます。
似たような物件として”建売分譲住宅”というものがあります。
これは、広い土地に同じような住宅が複数並んでいる住宅を指します。
その土地周辺を開発するために、不動産業者が広い土地を購入して住宅を建てるのですが、区画や道路が綺麗に整備して同じ建物を建てることでその場の統一感を持たせることで分譲価値を高めます。

”注文住宅”とは、文字通り自分が住みたい家を設計してもらい、それ通りに建ててもらう事です。
建売住宅とは異なり、注文住宅を選ぶ際はまず土地を探して購入する必要があります。
流れとしては、工務店や設計事務所といった所に連絡をし、設計の依頼をします。
設計してもらう事務所等を自由に選べたり、建築費も自分の予算に合うように設定はできますが、建築につかう素材や間取りをこだわり過ぎるとお値段が高くなってしまう可能性もあります。

◎売建住宅を購入する際の流れ
土地を先に購入してから、家を購入するとなると”注文住宅”か”売建住宅”のどちらかになります。
注文住宅は自分の好きなように間取りや外観を設計することができますが、売建住宅の場合はこれから建てられる住宅をいくつかあるパターンから好きなものを選択し、購入することになります。
既に家を建てる会社(施工会社)が決まっており、土地の契約を交わした後にその施工会社と家を建てる契約を結ぶことが出来なかった場合に、土地の契約も白紙にできるという条件があります。
このことを「建築条件付土地」と言われます。

◎まとめ
本日は、新築一戸建て住宅の種類について簡単にご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
種類としては「建売住宅」と「販売住宅」ならびに「売建住宅」があります。
建売住宅では、すでに土地に家が建っている状態のものを購入するので土地と住宅がセットになっています。
他の二つの住宅は土地と住宅を別々に購入しなければなりません。
建売住宅は不動産会社が扱っていますが、販売住宅となると不動産会社ではなく設計事務所等に連絡をしてみると良いかと思います。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2021/11/27   投稿者:須田純一