不動産の生前贈与の進め方を丁寧にご紹介します! | 古河市 野木町 茨城県 栃木県 境町周辺の不動産をお探しなら古河市で創業58年 不動産の栄進ですにお任せ下さい。

【公式】有限会社 栄進

営業時間10:00~18:00(info@eishin58.co.jp)定休日毎週木曜日 年末年始 その他

不動産の生前贈与の進め方を丁寧にご紹介します!

こんにちは!

古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。

「不動産の生前贈与の進め方や特徴を知りたい」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

今回は不動産の生前贈与の進め方と不動産を生前贈与するメリットとデメリットを紹介します。

□不動産の生前贈与の進め方とは

*贈与契約書を作成する

実は、契約自体は口約束でも成立します。

これは、生前贈与はあくまでも契約であるためです。

しかし、口約束だと後になってから問題が発生する可能性があるため、必ず不動産贈与契約書を作成しましょう。

契約書には、いつ、どの贈与者が、どの受贈者に、どの不動産を贈与するのか、を明記する必要があります。

それに加え、登記や登録免許税など、多くの費用がかかります。

そのため、その費用を贈与者と受贈者のどちらが負担するかについてもはっきりと記載しましょう。

後からトラブルにならないように、贈与契約書の作成の際は、氏名は直筆で署名し、実印で押印することが重要です。

*名義変更をする

次に、法務局で不動産の名義変更申請を行います。

申請は、該当の不動産を管轄する法務局で行いましょう。

法務局では必要な書類を元に登記申請書を作成し、提出します。

このときに用意する書類は、登記申請書、贈与者の印鑑証明書、受贈者の住民票、固定資産評価証明書などがあります。

名義変更を行う際には、必要書類についてしっかりと確認しましょう。

□不動産を生前贈与するメリットとデメリットとは

1つ目のメリットは、行う時期を選べることです。

例えば、将来値上がりすると予想できる土地がある場合、土地の評価額が低い時に生前贈与をすると良いでしょう。

そうすれば、将来評価額が高くなった土地に課税されるはずの相続税を圧縮できることがあります。

2つ目は、相続トラブルのリスクを減らせることです。

生前贈与の検討は、相続についても考えるきっかけとなります。

早めに相続の対応をすることで、相続トラブルが発生する可能性を小さくできます。

一方で、不動産取得税がかかり、登録免許が高くなるというデメリットもあります。

不動産を相続した場合だと、不動産取得税は課税されません。

しかし不動産の生前贈与の場合には、贈与を受けた方は不動産取得税が課税されます。

また、登録免許税は不動産を相続した場合、0.4パーセントですが、生前贈与の場合は2パーセントのため、負担が大きくなります。

□まとめ

この記事では、不動産の生前贈与の進め方と不動産の生前贈与のメリットとデメリットについて詳しく解説しました。

生前贈与をする際は、ぜひ記事を参考にしてください。

また、当社では不動産売買も行っておりますので、興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

投稿日:2021/10/24   投稿者:須田純一